口周りにできるニキビの治し方

371aadafa5477a8652f686fb993aee87_s

食べ過ぎや飲み過ぎ、また、疲れなどの影響でできやすい口周りのニキビ。口周りのニキビは目立ちますし、なかなか治りにくいので困りものですよね。中には、早く治したいと思ってニキビを指でつぶしてしまい、逆に悪化させてしまったという人もいるのではないでしょうか?

口周りのニキビを治すためには、まずはニキビをいじらないことが鉄則です。口周りのニキビが治るまでには時間がかかりますが、正しくケアを行えば、ニキビ痕を残さずに治すことも可能ですよ。ここでは、口周りのニキビを治す方法についてまとめてみました!

【ニキビの原因ホルモンバランスを整えよう!】

口周りのニキビは、ホルモンバランスの乱れが大きく影響していることが少なくありません。ですから、まずはホルモンバランスを整えることからニキビケアを始めましょう。

ホルモンバランスが乱れる原因としては、ストレスや睡眠不足、偏った食生活や冷えなどの要因があります。ですから、これらの要因を取り除くための努力を意識的に行うのはオススメです。

忙しいライフスタイルのためにストレスがたまりやすい人は、ゆっくりと半身浴を行ったり、アロマテラピーやヒーリングミュージックなどを楽しんだりして心身をリラックスさせましょう。オフの日に映画を観に行ったり、友達とお喋りしたりして過ごすのもオススメです。

夜更かしが習慣化していて睡眠不足が続いているという人は、なるべく早く寝るように努力してみましょう。できれば、夜中の12時前には眠りにつくようにすると、ニキビには効果的です。

ホルモンバランスが乱れる原因に、偏った食生活があります。極端な食事制限のダイエットや、好き嫌いが多いという場合は、食事が偏りがちですので、意識的にバランスの良い食事を摂るように心がけてみてください。

さらに、冷えもホルモンバランスを乱す原因となりますから、夏でも冷たいものの飲み過ぎや食べ過ぎに注意して、極力カラダを冷やさないようにしましょう。クーラーの効いたオフィスなどで働いている人は、ひざ掛けやカーディガンなどを利用してカラダを冷やさないようにすると共に、お風呂もシャワーで済ませるのではなくバスタブに浸かるようにすると、カラダを温めることができますよ。

このように、ホルモンバランスを整えるためのケアを根気よく続けることで、口周りのニキビを治しましょう。

【肌を清潔に保って!】

ニキビができやすくなる原因に、皮脂の分泌が盛んになることが挙げられます。皮脂の分泌が盛んになると、毛穴が詰まりやすくなりますし、また、皮脂を好むアクネ菌などの雑菌が増殖することによって口周りにニキビができやすくなります。

ですから、口周りのニキビを治すためには、丁寧に洗顔をして肌を清潔に保つことが欠かせません。ここでは、正しい洗顔方法をお伝えしますから、ぜひ、マスターしてください。

<正しい洗顔方法>

  1. まず、ぬるめのお湯で何度か顔を洗い、皮脂や肌表面の汚れをある程度落とします。
  2. 洗顔石けんや洗顔フォームなどの洗顔料をホイップ状になるまでしっかりと泡立てます。その後、泡で包み込むようにして泡で洗ってください。
  3. 洗顔料で顔を洗ったら、丁寧に洗い流しましょう。頬だけでなく、髪の生え際やフェイスライン、アゴなどもしっかりと洗い流してください。
  4. 清潔なタオルで顔を軽く押さえるようにして水分を拭き取ってください。

ポイントは、洗顔料はマイルドなタイプのものを使うこと、そして、しっかりと泡立てて使うことです。洗顔後は、すぐにローションや乳液で保湿して肌の乾燥を防ぎましょう。

メイク後の洗顔の場合は、①のステップの前にクレンジング剤を丁寧になじませて、メイクの汚れを浮かし、洗い流した上で洗顔してください。

もし、ホームケアで一定期間お手入れしたにもかかわらず、ニキビが一向に治らず、しかも悪化してきたという場合は、皮膚科に行って治療を受けるようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る