繰り返しできる背中ニキビの治し方

0b923acc1122406a660aed86d2ff5a2f_s

背中ニキビは一度できてしまうと、繰り返しニキビができやすいので厄介です。「やっと治ったと思ったのに、すぐに新しいニキビができてしまった・・・!」という人も少なくないと思います。背中ニキビは普段は衣類で見えないものですが、海に行ったり、温泉に行ったり、パーティなどで背中の開いたドレスなどを着たりした時に気になるものです。ですから、「何とかして治したい!」という人も多いでしょう。

そこで、ここでは繰り返しできる背中ニキビを治す方法について解説したいと思います。まずは、ホームケア、そして皮膚科での治療方法についてお知らせします。

【まずは、背中ニキビの状態をチェック】

背中ニキビのケアについてお知らせする前に、まずは背中ニキビの状態をチェックしましょう。背中ニキビの状態がかなり重症な場合は、すぐに皮膚科で適切なケアをしてもらう必要があります。しかし、背中ニキビの状態が軽い場合は、ホームケアでの治癒も可能です。ですから、ホームケアでいいのか、それとも、すぐに皮膚科に行くべきなのかをまずはチェックしましょう。

◆ホームケアでも治せる背中ニキビ

背中ニキビを見てみて、赤みや痛みがない白い状態、もしくは、黒い状態である場合は、まだ、初期の段階のニキビなので自宅で正しくケアすれば治ることもあります。ですから、背中ニキビが白い色をしている、もしくは黒い色をしているという場合は、ホームケアをまずはやってみるといいと思います。

◆すぐに皮膚科で治療するのがオススメの背中ニキビ

背中ニキビに赤みがあり、触ると痛いという場合は、ニキビに炎症が起きているので、皮膚科に診てもらうのがオススメです。もちろん、この段階でもホームケアを頑張ると治ることがありますが、ニキビ痕が残りやすいので皮膚科での治療の方が望ましいといえます。

背中ニキビが黄色っぽくなって膿が溜まっているという場合は、すでにニキビの状態が重症なので、すぐに医師に診てもらいましょう。また、ニキビの色が紫色だという場合は、膿に血液が混じっている状態ですので、この場合もすぐに医師に診てもらってください。

【背中ニキビを治すためのホームケア】

ホームケアで背中ニキビを治すためには、まず、背中ニキビの大きな原因となるシャンプーやリンスなどをきちんと流すように努力しましょう。特にシャワーで流している人は、髪の毛をまとめた後に、しっかりと背中に付いたシャンプーやリンスを流すようにしてください。一説によれば、シャンプーなどに含まれるシリコンが毛穴詰まりの原因になりやすいということなので、ノンシリコンのシャンプーやリンスに替えるも1つの方法です。

また、背中を洗う時には、力を入れ過ぎないこと、石けん類はきちんと洗い流すことを心がけましょう。そして、お風呂の後は、皮脂の分泌を抑えるのに効果的なビタミンC誘導体が入ったスキンケア用品で保湿するのもオススメです。

他の点としては、睡眠を十分に取ること、脂肪分や糖分の高い食品を避けて、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている食品を摂るようにしましょう。

【皮膚科での背中ニキビの治療】

背中ニキビの症状が重い場合は、皮膚科での治療が必要になります。

皮膚科での治療は、毛穴に詰まった皮脂や膿を取り除くと共に、抗生物質の外用薬などを用いてニキビの炎症を鎮めます。医師の判断によっては、抗生物質の内服薬が処方されることもあります。

また、レーザーによるニキビ治療を行うこともありますし、皮脂の分泌を抑えるためにホルモン療法を行って、ホルモンバランスを整える治療を行うこともあります。

 

背中ニキビの状態がそれほど悪くない、ニキビの初期段階で皮膚科を受診することももちろん可能です。初期のニキビであれば、まだ炎症が起きていないので、専用の器具で毛穴に詰まった皮脂を取り除いたり、外用薬を処方したりという方法で治療が行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る