生理前になるとニキビが!生理前ニキビができる原因を徹底解説

9c56e4cbc9cd056accefe64867e310ab_s

普段はほとんどニキビができることはないのに、生理前になると決まってニキビができてしまうということはありませんか?そうであれば、生理前に増える女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響でニキビができていることが考えられます。

ここでは、生理前にニキビが増えてしまうのはどうしてなのか、プロゲステロンが与える影響について徹底解説したいと思います!

【プロゲステロン(黄体ホルモン)とはどんなホルモン?】

女性ホルモンには、卵胞ホルモンとも呼ばれている『エストロゲン』と、黄体ホルモンとも呼ばれている『プロゲステロン』とがあります。この2つのホルモンは、生理周期に伴ってどちらかが優位になったり、劣位になったりします。

エストロゲンは、妊娠に備えて受精卵が着床できる状態に子宮内膜を整える働きがあります。ですから、エストロゲンが分泌されると、子宮内膜が厚くなって妊娠しやすい状態になります。エストロゲンは、生理が終わってから次の排卵前までの間に多く分泌されます。

プロゲステロンは、排卵直後から分泌量が急激に増える女性ホルモンで、妊娠の継続をサポートする働きがあります。そのため、プロゲステロンが多く分泌されると、子宮内膜はさらに厚くなり、妊娠に備えます。この時期に受精卵が着床し、妊娠が成立すると、プロゲステロン量は維持されますが、もし、妊娠が成立しなければ、黄体ホルモンの量は次第に低下して子宮内膜は剥がれて生理として体外に排出されます。

【プロゲステロンが増えるとニキビができる原因とは?】

では、このプロゲステロンが増えるとニキビができてしまう原因とは何なのでしょうか?

プロゲステロンには、皮脂の分泌量を増加させる働きがあります。ですから、プロゲステロンが大量に分泌されている生理前は皮脂の分泌が盛んになり、そのために毛穴詰まりが起きやすくなり、ニキビができやすくなってしまうのです。

また、女性ホルモンのエストロゲンには、肌のバリア機能を高めたり、肌の潤いを保つ働きがあり、女性の美肌に欠かせないホルモンですが、プロゲステロンが優位にある間はエストロゲンの分泌量は低下しています。そのため、肌荒れを起こしやすくなったり、また、肌が乾燥するために肌のターンオーバーが低下して、毛穴詰まりが起きやすくなったりします。ですから、プロゲステロンの分泌量が増えることでエストロゲンの分泌量が減ることも、ニキビができやすくなる原因となります。

【生理前にニキビができやすい人とそうでない人がいる理由】

しかし、生理前にニキビができやすい人と、そうでない人とがいますよね。それは、どうしてなのでしょうか?

1つ考えられる理由としては、プロゲステロンの影響を受けやすい人と受けにくい人とがあるということです。例えば、生理前に起きる月経前症候群(PMS)というものがありますよね。これも、プロゲステロンの影響で引き起こされるもので、生理前になるとイライラしたり、憂うつな気分になったり、眠気を催したり、むくんだりといった症状が出ます。しかし、このPMSの症状もすべての人に表われるものではありません。つまり、人によってプロゲステロンの影響が大きく表われやすい人とそうでない人がいるということです。

ですから、生理前にプロゲステロンの影響でニキビができやすい人がいれば、そうでない人もいるということです。

また、スキンケアの方法やライフスタイルなども生理前にニキビができやすいかどうかに関係します。生理前は皮脂の分泌が盛んにはなりますが、正しいスキンケアを行い、ニキビを作りにくいライフスタイルを送っていれば、ニキビを予防することは可能です。ですから、生理前にニキビができやすい人は、スキンケアの方法やライフスタイルを見直す必要があるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る