気になる眉ニキビ!できてしまう原因を知って予防しよう

ab77033c3a63168732a74a00f8878e21_s

『ニキビ』というと、おでこや頬、フェイスラインにできるイメージが強いかもしれませんが、眉にもニキビができることがあります。しかも、眉ニキビは繰り返しできやすいのが特徴ですから、治ったと思っても再発してしまうことも少なくありません。また、眉周辺のニキビは意外と目に付くものでもあり、できると気になるものです。ですから、できるだけつくりたくないですし、できた眉ニキビは早く治したいですよね。

ここでは、眉ニキビができてしまう原因についてまとめてみました!眉ニキビ予防のためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【眉ニキビの原因①メイクなどの汚れ】

マスカラや口紅などのポイントメイクはしっかりと落としていても、眉メイクはそんなに意識して落としていないという人は少なくないようです。しかし、眉もファンデーションやアイブロウペンシル、眉マスカラなどのメイクがしっかりとのっていますから、きちんと落とさないと雑菌が繁殖して眉ニキビができてしまいます。

特に、眉は毛があるせいで、頬やおでこなどの部位よりもメイクが残りやすい部分ですので、丁寧にクレンジングして落とさないと、軽くクレンジングしたくらいではメイクが落ちていないことが少なくありません。もし、眉ニキビができたという場合は、まずはきとんと眉メイクが落とせているか確認してみましょう。

【眉ニキビの原因②肌に負担が大きい眉のセルフケア】

眉の形を整えるために、眉を剃ったり、抜いたりというケアをしている人は多いと思います。しかし、「抜く」「剃る」というケア方法は、かなり肌に負担が大きい方法なんです。

抜く場合について考えると、眉毛を無理に引き抜くために毛穴周辺はダメージを受けてしまいます。そのため、雑菌が入り込みやすくなり、そこにニキビができやすくなるんです。また、眉をカミソリで剃る場合については、剃る時に肌表面にたくさんの傷をつけてしまいますから、そのために、肌のバリア機能が低下してアクネ菌などの影響を受けやすくなってしまいます。ですから、剃るという方法も眉ニキビができてしまう原因になってしまうんです。

このように、眉ニキビは「抜く」「剃る」といった肌への負担の大きいセルフケアが原因となっていることもあります。

【眉ニキビの原因③ストレスや睡眠不足】

ストレスや睡眠不足は、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。ホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌が盛んになりますから、ニキビができやすくなるんです。ですから、ストレスの多い生活を送っていたり、睡眠が十分に取れない生活を常に送っていたりする人は眉ニキビができやすくなります。

また、特に眉周辺は、ホルモンバランスの乱れや自立神経の乱れの影響を受けやすいといわれています。ですから、ストレスや睡眠不足が原因でホルモンバランスや自律神経が乱れると、眉の上や眉の間などにニキビができてしまうということは多々あります。

【眉ニキビの原因④脂肪分や糖分の多い食事】

脂肪分や糖分の多い食事は、ニキビの原因となることが少なくありません。眉ニキビについても例外はなく、脂肪分や糖分の多い食事を好んで食べている人は、そうでない人に比べて眉ニキビができやすくなります。

脂肪分や糖分の多い食事が、ニキビの原因になる理由としては、脂肪分や糖分は体内で消化される時に大量のビタミンB群を消費してしまうということがあります。そのため、脂肪分や糖分を食べ過ぎてしまうと、体内でビタミンB群が不足してしまい、脂肪分や糖分は分解できずに体内にため込まれるようになります。そして、それが皮脂の過剰分泌につながってしまい、ニキビの原因となってしまうのです。

 

ですから、脂肪分や糖分の多い食事を食べるのが習慣という人は、眉ニキビができやすくなってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る