繰り返しできる背中ニキビ-背中ニキビができる原因

763989a20df7530542b344729edd2414_s

普段は服に隠れて見えませんが、温泉に行ったり、夏に水着を着たりする時に気になってしまう背中ニキビ。カラダのパーツの中でも、背中はニキビができやすい場所として知られています。

キレイに肌を洗っているつもりなのに、「新しいニキビが次々とできてしまって悩んでいる」-そんなことはありませんか?

ここでは、背中にニキビができてしまう原因について解説していきたいと思います。

【背中ニキビの原因は?】

背中ニキビも他の部位にできるニキビと同じで、背中の毛穴が何らかの原因によって塞がってしまって、そこから本来なら外に排出される皮脂が排出されずに毛穴に溜まってしまうことが要因となってできます。排出されずに皮脂が毛穴に溜まってしまうと、そこでアクネ菌が増殖してしまうので、ニキビができてしまうのです。

できたニキビは正しくケアしないと、白ニキビから黒ニキビ、そして、赤ニキビ、さらには黄ニキビへと悪化しながら色を変えていきます。背中は、自分ではよく見えない部分なので、気付いた時にはすでに炎症を起こした赤ニキビの状態であることがほとんどです。

カラダの部位の中でも背中にニキビができやすい原因としては、いくつか挙げられますが、1つは背中に皮脂腺が集中しているために皮脂の分泌が活発になり、毛穴が詰まりやすいという点があります。また、背中はシャンプーやリンス、石けんがきちんと流せていないことも多く、そのためにニキビができやすくなります。

【気を付けて!こんな習慣は背中の毛穴詰まりの原因に!】

背中の毛穴詰まりの原因になる習慣には次のようなものがあります。思い当たる点がないかどうか、チェックしてみてください。

◆シャンプーなどのすすぎがきちんとできていない

髪を洗う時のシャンプーやリンスなどが背中に残ってしまうということはよくあることです。特に、シャワーだけで済ませる人にはシャンプーのすすぎ残しが多くみられます。ヘアケア剤がきちんと洗い流せておらず、背中に残ってしまうと、それが原因で毛穴が詰まってしまいます。そして、その毛穴詰まりが背中ニキビの原因になってしまうのです。

◆ストレスの多い生活

ストレスが多くなると、男性ホルモンが増加します。男性ホルモンは、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促しますが、皮脂が多く分泌されると毛穴が詰まる原因となってしまいます。ですから、ストレスの多い生活も背中ニキビをつくる原因になります。

◆食生活の乱れ

動物性脂肪の多い食事や糖分が多く含まれる食事が習慣になっていると、これも皮脂の分泌を促しますので、毛穴を詰まらせる原因となります。背中ニキビをつくらないためには、食生活にも気を付ける必要があります。

◆睡眠不足

睡眠不足も、男性ホルモンの増加を招きます。ですから、睡眠不足が続いている人は、皮脂の分泌が盛んになり、ニキビができやすくなってしまいます。背中ニキビを予防するためには、十分な睡眠を取ることが欠かせません。

【背中ニキビは、本人が気付かないうちに悪化していることも多い】

顔にできたニキビはイヤでも目に付きます。その分、早めに対策を取ることが多いので、ニキビの悪化を防ぐことができます。

しかし、背中ニキビの場合は、ニキビに炎症が起きるまでは気付かないということがほとんどです。ですから、気付いた時にはかなりニキビが悪化しているということが少なくありません。

また、背中は見えないためについついお手入れもおろそかになりがちです。ボディソープや石けんでキレイに洗えてなかったり、また、シャンプー類がきちんと洗い流せていなかったりすることも少なくありません。そのため、十分なニキビ予防ができずに、背中ニキビが繰り返しできてしまうということにつながってしまいます。

もし、背中ニキビを予防したければ、まずは念入りに背中のスキンケアを行うこと、そして、常に新しい背中ニキビができていないかチェックして早めの対策を講じることが欠かせません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る