どう選ぶ?ニキビ肌の日焼け止め

紫外線はニキビの悪化につながりますから、ニキビ肌の場合は特に紫外線対策を行う必要があります。紫外線対策の代表格ともいえるのが日焼け止めですが、「日焼け止めはニキビの悪化の原因になるのでは?」と心配な人も少なくないのではないでしょうか?

ここでは、ニキビ肌でも安心して使える日焼け止めの選び方について解説したいと思います。

【紫外線カット力が強い日焼け止めはニキビの悪化の原因に!】

日焼け止めの中には、肌への負担が大きい日焼け止めがあります。紫外線カット力が強いとしている日焼け止めのほとんどは、肌にかかる負担が大きいといえるでしょう。

紫外線カットの強さを表すのが「SPF」とか「PA」で表されている数値です。

SPFは、紫外線B波(UV-B)をカットする力を表します。この紫外線B波は、肌表面に影響を与えるもので、日焼け後に肌が赤くなってヒリヒリするのは紫外線B波の影響によります。SPF1で約20分間日焼けまでにかかる時間を延ばすことができるという意味ですから、SPF10だと約200分、つまり約3時間20分紫外線をカットすることができるということです。このように、SPF値の数字が大きいほど日焼け止め効果が高くなります。通常、SPF値は50までで表され、SPF50以上の場合は『SPF50+』という風に表示します。

PAは、紫外線A波(UV-A)をカットする力を表します。紫外線A波は、肌の奥にまで達し、コラーゲン組織などを破壊するため、シミやシワなどの原因となります。PA値の効果は、数値ではなく「+」「++」「+++」「++++」と『+』の数の多さで表します。『+』の数が多いほど紫外線A波をカットする力が強いということです。

ですから、紫外線カット力で選ぶなら、日焼け止めは『SPF50+』で『PA++++』のものが一番効果的ということになりますが、ニキビ肌の場合には、肌への負担が大きくなるのでオススメできません。

【肌への負担が大きい日焼け止めにはこんなものも!】

紫外線カット力が強い日焼け止めの他に、ニキビ肌にオススメできない日焼け止めがあります。

それは、『ウォータープルーフタイプ』の日焼け止めです。汗や水で日焼け止めが流れてしまわないウォータープルーフタイプの日焼け止めは、夏の暑い時期の強い味方といえますが、毛穴を塞いでしまう原因になるのでニキビ肌にはオススメできません。また、ウォータープルーフタイプの日焼け止めは、水などで簡単には落ちないようになっているために、通常の洗顔では落ちにくく専用のクレンジングが必要となります。そのようなクレンジングは、肌への負担が大きいのでニキビの悪化の原因になってしまうこともありますから、そのような意味でもウォータープルーフタイプの日焼け止めはオススメできません。

肌に負担が大きい日焼け止めとしては、『紫外線吸収剤』を使った日焼け止めも挙げられます。紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して熱や赤外線などのエネルギーに変化させて放出させているものです。ですから、ニキビなどの肌トラブルがある人にとっては肌への刺激が強い場合がありますので、オススメできません。

【ニキビ肌でも安心して使える日焼け止めの選び方】

では、ニキビ肌の人が安心して使える日焼け止めを選ぶ場合は、どのような点に気を付けて選ぶといいのでしょうか?

ニキビ肌の人は肌に負担が少ない日焼け止めを選ぶことが大切です。ニキビ肌の人が安心して使える日焼け止めの選び方のポイントは次のとおりです。

◆SPF値は20くらいまでのものにする

◆PA値は「++」までにする

◆紫外線吸収剤を使用していないものにする

◆オイルフリーの日焼け止めを選ぶ

◆無香料・無着色のものにする

以上の点に気を付けて、日焼け止めは選ぶようにしてみてください。もし、日焼けが気になる人は、SPF値やPA値の高いものを選ぶよりは、こまめに塗り直すようにする方が肌への負担が軽減できるのでオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る