ホルモンとニキビの関係

思春期ニキビも悩みの種となりますが、大人になってからできる大人ニキビはなかなか治らないので厄介ですよね。ニキビができる原因にはいくつかありますが、その1つとしてホルモンバランスの乱れがあります。ホルモンバランスが乱れると、ニキビができやすくなりますから、ホルモンバランスを整えることがニキビの予防・改善につながります。

ここでは、ホルモンとニキビの関係について解説していきますので、ニキビの予防・改善で悩んでいる人は参考にしてみてください。

【男性ホルモンがニキビをつくる?】

『男性ホルモン』というと、男性の体内でのみつくられるホルモンというイメージがあるかもしれませんが、実は男性ホルモンは男性だけが持っているワケではありません。女性の体内でも男性ホルモンはつくられています。男性ホルモンには、アンドロゲンやテストステロンなどがありますが、これらのホルモンは女性の体内でも分泌されています。

男性ホルモンには、皮脂の分泌を促す作用があります。ですから、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが大量に分泌されると、皮脂が過剰に分泌されるようになってしまいます。そして、皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まりやすくなり、それによってニキビができやすくなるのです。

また、男性ホルモンのアンドロゲンには、角化細胞である『ケラチノサイト』を増加させる作用があることが分かっています。そのため、アンドロゲンが増えることで皮膚の角質が異常に増加する『異常角化状態』がつくり出され、それによって毛穴が塞がれてしまい、結果としてニキビができやすくなってしまうのです。

このことから、男性ホルモンが増えるとニキビはできやすくなるということが分かりますね。

【女性ホルモンとニキビの関係】

男性ホルモンが増えると、ニキビができやすくなりますが、女性ホルモンが増えるとニキビはできにくくなるのでしょうか?

答えは、半分はYESで半分はNOです。

というのが、女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つに大きく分類することができますが、この2つは働きが全く異なるからです。

 

エストロゲンは、生理後から多く分泌されるホルモンで、皮脂の分泌を抑制しつつ肌に潤いを与える効果があります。プロゲステロンは、排卵後から生理前にかけて多く分泌されるホルモンで、皮脂の分泌を促進しますから、プロゲステロンが多く分泌されている時期はニキビができやすくなります。

ですから、エストロゲンの分泌量が多いとニキビはできにくくなりますが、プロゲステロンの分泌量が多いとニキビはできやすくなるということです。ニキビの予防・改善には、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が優位である状態が望ましいとうワケです。

【ニキビの予防・改善にはホルモンバランスを整えることがカギ】

こうして考えましたように、ニキビとホルモンには、密接な関係があります。ですから、ホルモンバランスを整えることがニキビの予防・改善には欠かせません。

男性ホルモンは、ストレスや不規則な生活、睡眠不足などによって分泌量が増える傾向にあります。ですから、早寝早起きなどの規則正しい生活を心がけ、ストレスは溜め込まずに上手に解消するようにしましょう。また、寝る1時間くらい前からはスマホやパソコンの画面を見ないようにするなどして、質の良い睡眠をとるための環境づくりをすることが大切です。

 

さらに、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスは、生理周期が関係しているのでコントロールするのは簡単ではありませんが、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをもつ大豆イソフラボンなどを食事で摂るようにすることでプロゲステロンの肌への影響を抑えることはできます。ですから、ニキビ予防のためには、生理前の2週間くらいから豆乳やサプリメントでイソフラボンを補うようにするのがオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る