ニキビ痕を改善するための治療~ダーマローラー~

凸凹が残ってしまったニキビ痕。「どうやったら治るんだろう?」と、悩んでいる人も少なくないようです。凸凹のニキビ痕は、放っておいても自然と治るということは期待できませんので、「どうにかしたい」という場合は、皮膚科で治療することが必要になります。皮膚科でのニキビ痕の治療の代表的なものといえばレーザーですが、レーザー以外の治療法もあります。その中の1つがダーマローラーです。

ここでは、ニキビ痕を改善するために行われるダーマローラーを使った治療について解説していきたいと思います。

【ダーマローラーとは?】

ダーマローラーとは、極細の針がたくさんついたローラーを肌表面に転がして、肉眼では見えない小さな穴を無数に開けることで皮膚の再生を促す治療方法です。肌本来にあるダメージを受けた部分を修復させようとする働きに着目し、わざと肌にダメージを与えることで、コラーゲンの生成を活性化させて、コラーゲンを増量し、肌にハリを与えます。

ですから、ダーマローラーは、妊娠線の治療やセルライトの改善のほか、アンチエイジング目的でシワやシミの改善のために用いられています。さらに、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)もしくは毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)と呼ばれる、二の腕や太ももなどにできる原因不明のブツブツにも効果があることが分かっています。

ニキビ痕の治療としては、クレーター状やアイスピック状に凹んだニキビ痕の改善のために使用されています。

【ダーマローラーによるニキビ痕の治療の流れ】

ダーマローラーを使ったニキビ痕の治療の流れについて解説していきたいと思います。

  1. まず、肌表面に麻酔クリームを塗付します。
  2. 麻酔クリームを塗った後の肌に、無数の針がついたダーマローラーを転がしながら、肌に無数の穴を開けていきます。ローラーをコロコロと転がしていくだけなので、15分~30分程度で施術は終了します。
  3. ローラーによる施術を行った後は、肌に有効成分が浸透しやすい状態ですので、ビタミンCやプラセンタ、ヒアルロン酸などの有効成分を肌にたっぷりと浸透させます。
  4. 肌を整えて施術は終了です。

針で無数の穴を開けるというと痛いイメージがありますが、実際には表面麻酔による影響で施術時の痛みはほとんどありません。肌表面に開けられた穴は目に見えませんし、ダーマローラーによってついた傷は数時間も経つと塞がりますので、施術当日からシャワーを浴びることが可能です。メイクについては、当日は控えてください。

肌の奥のコラーゲンは、施術後から2ヶ月ほどかけて量が増量していきます。3~6週間ごとに5~6回治療を受けると、ほぼすべての肌を入れ替えることができるので、ニキビ痕の治療のためには、それくらいの頻度・回数の治療を受けるのが一般的です。

【ダーマローラーによる治療のメリットとデメリット】

外からコラーゲンを注入したりする治療法と違い、ダーマローラーは肌が持つ再生能力に働きかける治療法です。そのため、効果が持続しやすいというメリットがあります。さらに、肌表面に入れる傷は目に見えないほど小さいので、施術によって傷痕が残るというようなリスクがありません。また、全額自己負担の自費診療となりますが、レーザー治療と比べると治療料金が安いというメリットもあります。

ダーマローラーのデメリットは、1回の施術では限られた効果しか得られないため、複数回にわたって施術を受ける必要があるという点です。また、赤みや腫れが2~3日続いたり、一時的な色素沈着などの副作用がみられることもあります。さらに、施術に伴って多少の出血はありますので、その点を理解した上で治療を受けるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る