赤ニキビができる原因と対処法

fc34ea914ba180bff9592385bb993b74_s

「ニキビ」と聞いて大抵の人が想像するのは、赤みを帯びてプクッと膨らんだ赤ニキビではないでしょうか?赤ニキビは、中で炎症が起きてしまっている状態ですので、触ると痛いですし、赤みを帯びているために見た目も結構目立ってしまいます。気になってしまって、ついつい触ってしまうという人も多いようですが、触ってしまうとニキビを悪化させる原因になってしまうので要注意です。

ここでは、赤ニキビができてしまう原因と、赤ニキビができた場合の正しい対処方法についてお知らせしたいと思います。

【赤ニキビとは?赤ニキビができてしまう原因】

赤ニキビとは、白ニキビや黒ニキビが悪化して炎症を起こしたものです。炎症で赤みを帯びるので、赤ニキビと呼ばれています。

もともとニキビは、何らかの原因で毛穴が詰まってしまって、本来なら外へ排出されるべき皮脂が外に出ることができずに毛穴で溜まってしまうことによって発症します。

しかし、できたてのニキビは赤くはなく、詰まった皮脂の色が肌から透けて見えるために白い色をしています。これが、白ニキビと呼ばれるものです。白ニキビがさらに進行し、詰まった皮脂が押し上げられて外から見えるようになると、今度は皮脂の酸化が起こり黒く変色します。これが、黒ニキビです。

白ニキビや黒ニキビの段階ではニキビに炎症が起きていませんが、白ニキビや黒ニキビがさらに悪化してしまうと、毛穴内部で炎症が起きます。そして、それが赤ニキビになるのです。

【赤ニキビができた場合の対処方法】

赤ニキビができた場合は、ニキビを悪化させないように注意しましょう。具体的には、皮脂の過剰分泌を防ぐために、夜更かしをしない、油分や糖分の多い食事は避ける、ニキビをいじらない、といったことを守りましょう。

また、肌のターンオーバー(新陳代謝)を高めてあげるのも効果的です。肌のターンオーバー(新陳代謝)を高める方法としては、ピーリング剤の使用や、睡眠を十分に取ること、また、肌のターンオーバーに必要になるビタミン類をしっかりと摂ることなどが挙げられます。

さらに、肌を清潔に保つことも欠かせません。洗顔料を用いて肌をやさしく洗いましょう。ゴシゴシと洗ってしまうと、ニキビを悪化させることがありますから、洗顔料をよく泡立てて泡で包み込むようにして洗うようにしてください。皮脂を取ろうとするあまり、洗浄力の強い洗顔料を用いると、逆にニキビを悪化させてしまうこともあるので、肌に負担の少ないマイルドな洗顔料を用いるようにしてください。

【赤ニキビの皮膚科での治療方法】

皮膚科での赤ニキビの治療方法としては、ニキビ内部に溜まった皮脂や膿を外に排出するための処置や、起きている炎症を抑えるための治療が主となります。

具体的には、面皰圧出(めんぽうあっしゅつ:アクネプッシャーやコメドプッシャーとも呼ばれる)という器具を用いて、ニキビの中身を外に押し出すことで、ニキビの治癒を早めます。そして、アクネ菌などの菌を殺菌するための外用薬(抗生物質)が処方されます。そうすることで、ニキビの炎症を鎮め、再発を防止します。

また、医師の判断やニキビの状態によっては、ニキビの炎症を抑えるために、クラリスやミノマイシンといった抗生物質の内服薬が処方されることもあります。

他の治療方法としては、健康保険の適用外ではありますが、外用薬としてトレチノインが処方されることがあります。トレチノインは、肌のターンオーバーを促進するので、ニキビの治癒を早めて新たなニキビができるのを予防するのに効果的です。

さらに、ケミカルピーリングやフォトフェイシャル、医療レーザーなどによる治療もあります。

 

赤ニキビは、ニキビ痕となって残ることも少なくありませんから、ホームケアで治そうとするよりも、皮膚科で治療をする方がオススメです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る