漢方によるニキビ治療

6c4dc12789d6b3335cb3f0a898e53b90_s

ニキビ治療というと、抗生物質の外用薬や内服薬、またレーザーなどによる治療が一般的ですが、最近では漢方によるニキビ治療も注目されています。漢方によるニキビ治療は、漢方薬によってニキビの根本原因を解消し、ニキビができにくい体質に変えることを目的としています。ですから、対症療法が主となる西洋医学と比べて、漢方薬には即効性は期待できませんが、予防効果という面では高い効果が期待できます。

ここでは、漢方によるニキビ治療について解説していきますので、ニキビ治療の選択で迷っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【漢方医学におけるニキビの考え方】

漢方医学においては「皮膚は内臓の鏡」といわれ、ニキビなどの皮膚疾患ができるのは体内の不調が大きく関わっていると考えます。ニキビについては、ニキビができるのは体内で発生した余分な『熱』による影響だという風に考え、その熱を抑えることを目的とした薬を処方します。

処方される漢方薬は、ニキビの進行度や炎症の度合い、また、できる場所などから判断して、それにピッタリ合ったものを処方します。

【ニキビ治療に使われる漢方薬の種類と特徴】

ニキビ治療に使われることの多い漢方薬にはつぎのようなものがあります。それぞれの漢方薬の名前と特徴についてお知らせします。

・清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)

炎症を抑えたり、膿を取り除いたりする効果があることで知られています。特に、顔にできているニキビに用いられる漢方薬で、炎症を起こした赤色のニキビや化膿して黄色くなったニキビの治療のために多く用いられます。

・桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)

血流の流れを良くする漢方薬で、強い炎症を起こしたニキビに処方されます。また、生理不順や生理痛、頭痛や肩こり、冷えなどの症状にも効果的とされています。

・黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)

炎症を抑える効果が高いので、赤みや炎症の強いニキビの治療に用いられます。

・荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

ニキビ薬として処方されることの多い漢方薬です。次々と新しいニキビができ、ニキビに炎症が起きやすいような人に処方されます。ニキビの他、鼻炎や蓄膿症、扁桃炎などの症状にも処方されます。

・十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

化膿しているニキビに効果的な漢方薬です。ニキビの他に、じんましんやアトピー性皮膚炎、水虫などの皮膚疾患にも処方されます。

・半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)

暴飲暴食などの食生活の乱れや、胃腸の疾患によって口周りにできることの多いニキビの治療として処方されます。胃下垂や胃弱、二日酔いなどの症状にも処方される他、口内炎の治療としても処方されます。

・当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

赤みはなく、大きさも常に変わらないようなニキビに処方されます。比較的体力が乏しく、色白で冷え性、貧血気味の人に向いている漢方薬です。

【漢方治療は補助的な役割と考えて】

外からではなく、内側からニキビにアプローチする漢方による治療は、ニキビの予防・改善にとても効果的です。しかし、即効性という面では、西洋医学と比べて劣りますから、「重症なニキビを今すぐどうかしたい」とか、「ニキビ痕を残さずに今すぐニキビを治したい」というような場合の治療には向いていません。

ですから、ニキビ治療としては、外用薬などによって外側からニキビのケアを行いつつ、漢方薬で内側からもケアを行うという風に行っていくのがオススメです。漢方薬については、「漢方薬によってニキビ治療を行う」というよりも、外用薬やレーザーなどでニキビに直接アプローチする治療を受けつつ、「漢方薬を補助的に取り入れてニキビの予防と改善に努める」という位置がふさわしいといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る