イオン導入によるニキビ治療

83108c166b65234551249fb33e1d4ea2_s

美白効果が高いとして、美容クリニックなどで使用されることが多いイオン導入ですが、実はニキビ治療としても活用されています。イオン導入によるニキビ治療は、健康保険が適用されませんから、全額自己負担で受けることになりますが、それでもイオン導入を好んで選ぶ人も少なくはありません。

ここでは、皮膚科でのイオン導入によるニキビ治療について詳しく解説していきたいと思います。ニキビの辛い症状で悩んでいる人は、ニキビの治療法選びのヒントにしてくださいね。

【イオン導入とは?】

イオン導入とは、主にビタミンCなどの美肌成分を肌に塗布し、それに微弱電流を流して肌に浸透させる治療方法です。

通常、肌表面に美肌成分を塗っても肌の表面で留まり、肌の奥までは浸透することはほぼありません。しかし、イオン導入では、微弱電流を流すことで肌に塗った美肌成分をイオン化させますから、有効成分が肌に浸透しやすくなります。そのため、肌の奥まで有効成分が届きやすくなりますから、より効果が実感しやすくなるのです。ですから、多くの場合、イオン導入はビタミンCなどの有効成分を肌に塗布して、美肌や美白目的のために行われています。

イオン導入で用いる電流は微量ですので、電気によるビリッとした痛い刺激があるわけではありません。電流の強さは調整することができますから、電流による刺激が気になるという人は電流を下げて施術を受けることができます。

ただし、電流を流す治療方法なので、ペースメーカーを入れている人は治療を受けることができません。また、妊娠中の場合も同様です。

【ビタミンCをイオン導入することのニキビへの効果】

イオン導入に用いられることの多いビタミンCですが、ニキビの予防や改善にも大きな効果が期待できます。

というのは、ビタミンCには美白効果だけでなく、皮脂の分泌を抑える効果があるからです。ニキビの原因の多くは、皮脂の過剰分泌が関係しています。皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が詰まりやすくなってしまいますから、ニキビができやすくなるのです。

しかし、イオン導入によってビタミンCを肌の奥にまで届けることで、皮脂の過剰分泌を抑えることができるようになります。そのため、ニキビの予防にも効果的ですし、できてしまったニキビを改善するためにも大きな効果が期待できます。

また、ビタミンCはコラーゲンを合成するのに欠かせない成分ですから、ビタミンCをイオン導入で肌に浸透させることで、コラーゲンの合成を促進することができます。そのため、クレーター状になったニキビ痕の凸凹を改善するための効果も期待できるとされています。さらに、美白効果のあるビタミンCを導入することで、メラニンの生成を抑制するとともにメラニンによる色素沈着を改善する効果が期待できますから、ニキビ痕の色素沈着を予防、また改善することができます。

このように、美白効果や美肌効果があるとして知名度が高いビタミンCですが、実はニキビの予防や改善にも大きな効果が期待できます。

【ケミカルピーリングと併用されることが多い】

ニキビの予防や改善効果があるイオン導入ですが、ケミカルピーリングと併用することでさらに効果を高めることができます。

というのが、肌表面に古い角質が残っていると、イオン導入を行っても肌になかなか浸透しないという問題があるからです。しかし、ケミカルピーリングを行った後ですと、肌表面の古い角質が取り除かれた後ですし、また肌のバリア機能も一時的に弱まっている状態にありますから、有効成分が肌に浸透しやすく、ビタミンCの効果を最大限に実感することができるようになるのです。

ですから、このような理由でイオン導入によるニキビ治療は、ケミカルピーリングと併用して行われることの方が多い傾向にあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る