ケミカルピーリングはニキビに効果的?

ac40f33768f01f9c0a84ec01af945973_s

ニキビ治療に効果があるとして使用されることが多いケミカルピーリング。聞いたことはあるけど、どんな治療方法なのか具体的にはよく知らないという人も少なくないのではないでしょうか?

ここでは、ケミカルピーリングとはどんな治療方法なのか、また、ニキビ治療におけるケミカルピーリングの効果について解説していきたいと思います。本格的なニキビ治療を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

【ケミカルピーリングとは?】

ケミカルピーリングとは、肌表面に薬剤を塗って肌表面に残っている古い角質や、毛穴に詰まっている角栓などを溶かして取り除く治療方法です。そのため、肌のターンオーバー(新陳代謝)を活性化させ、肌の再生を促す効果があります。

通常、健康な肌は約28日周期で肌のターンオーバーが行われています。この周期には個人差がありますので、これより早い人もいますし、遅い人も当然いますが、20代くらいの健康な肌の人は、平均すると約28日に1回の頻度で肌が新しく生まれ変わっているということです。

しかし、この肌のターンオーバーの周期は、加齢や他の要因によって低下することがあります。肌のターンオーバーが低下すると、ニキビができやすくなるだけでなく、くすみや小ジワなどができやすくなります。

ですから、ケミカルピーリングは、肌表面の古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを促進するので、肌のターンオーバーの低下からからくる肌トラブルを解消するのに効果的な治療方法なのです。

ケミカルピーリングは肌表面の古い角質を溶かすので、「強い薬液が使用されているのでは?」と心配になるかもしれませんが、ケミカルピーリングで用いられている酸は、ほとんどの場合のフルーツ由来のグリコール酸やクエン酸、リンゴ酸などが使用されています。医師は、肌質やニキビの状態などを見ながら薬剤の濃度や塗布時間などを決めていきますから、安心して施術を受けることができます。

【ニキビ治療におけるケミカルピーリングの効果】

ニキビ治療におけるケミカルピーリングの目的は、肌のターンオーバーを促進すること、そして、毛穴の詰まりを解消させて角栓を取り除くことにあります。

ニキビができる原因の1つとして、肌のターンオーバーの低下があります。肌のターンオーバーが低下すると、古い角質が肌表面に長期間留まってしまいますから、毛穴が塞がりやすくなり、そのためにニキビができやすくなります。

ですから、そのような肌にケミカルピーリングを施すと、古い角質を取り除いて毛穴の詰まりを改善するとともに、ニキビを改善することができるのです。また、ケミカルピーリングを定期的に行うことで、肌のターンオーバーを正常に保つことができますから、ニキビを予防することもできます。

ですから、ニキビ治療におけるケミカルピーリングには、できたニキビの治癒を早める効果があるのはもちろんですが、新たなニキビができるのを予防する効果もあるということです

【ケミカルピーリングを受ける際の注意点】

ケミカルピーリングは、ニキビの予防にもなる治療方法ですが、健康保険が適用される治療方法ではありませんので、全額自己負担になるということを思いに留めておきましょう。

また、ケミカルピーリングは、肌表面の角質を溶かして取り除く治療ですから、ケミカルピーリング後の肌は、外部からの刺激を受けやすくなっています。ですから、肌をしっかりと保湿して肌を守るとともに、紫外線の影響から肌を守るようにしてください。また、保湿用の化粧品や日焼け止めは肌にやさしいものを選んで、肌に刺激を与えないようにしましょう。外出時は、日傘などで紫外線の影響から肌を守るのを忘れないようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る