皮膚科のニキビ治療-抗生物質による治療法

ce90400a47bb1f14eca9eccf9171a2c4_s

以前はニキビ治療というと、外用薬で治すというのが一般的でしたが、最近では医学の進歩に伴って皮膚科でのニキビの治療方法にも選択肢が増えてきています。いろんな治療方法がありますが、抗生物質によるニキビ治療はニキビ治療の中でも代表的なものといえるでしょう。皮膚科での抗生物質を用いたニキビ治療としては、外用薬による治療がメインとなりますが、内服薬が処方されることもあります。ここでは、外用薬と内服薬、それぞれの皮膚科での抗生物質によるニキビ治療について解説していきたいと思います。

【抗生物質を用いた治療~外用薬~】

皮膚科で外用薬として処方される抗生物質には、アクネ菌を殺菌する働きがあり、またニキビの炎症を鎮める効果があります。皮膚科で処方されることの多い抗生物質には次のようなものがあります。

・ニューキノロン系抗生物質(アクアチムクリーム、ナジフロキサシンなど)

・リンコマイシン系抗生物質(クリンダマイシン、ダラシンTゲル、ダラシンローションなど)

ニキビ治療として用いられる抗生物質は、大きくニューキノロン系抗生物質とリンコマイシン系抗生物質とに分けることができますが、効果が高いのはリンコマイシン系です。しかし、その分副作用も強く出やすいというデメリットもありますから、どちらがいいとも言えないのが実情です。

ニキビ治療の代表的治療方法ともいえる抗生物質ですが、実は抗生物質にはニキビ自体を治癒させる力はありません。抗生物質自体にあるのは、アクネ菌を含む細菌類を殺菌する力のみです。ですから、抗生物質によってアクネ菌による炎症を鎮めることはできますが、ニキビ自体を治すということはできないのです。

したがって、抗生物質の処方はニキビが炎症を起こしている場合のみに限られるということになります。まだ、炎症を起こしていない白ニキビや黒ニキビの段階では、抗生物質を処方しても意味がありません。

加えて、抗生物質の働きは炎症を鎮めることだけですから、ニキビの悪化を抑えることはできても、ニキビを予防したり、ニキビのできにくい肌にしたりすることはできません。それで、抗生物質を用いた治療は、あくまでも対症療法に過ぎないと覚えておきましょう。

【抗生物質を用いた治療~内服薬~】

抗生物質を用いた治療では、外用薬が処方されることが多いのですが、ニキビの症状に応じて内服薬が処方されることもあります。代表的な内服薬は次のとおりです。

・テトラサイクリン系抗生物質(ミノマイシン、テラマイシンなど)

・マクロライド系抗生物質(エリスロマイシン、ルリッド、クラリスなど)

抗生物質の内服薬は、外用薬と同じくニキビに炎症がみられる場合にのみ処方されます。ニキビ治療のための抗生物質の服用は、比較的長期間にわたることが少なくありません。

内服薬として用いられる抗生物質は、テトラサイクリン系抗生物質とマクロライド系抗生物質とに大別されますが、マクロライド系の方が副作用は少ないので長期間の服用には適しているとされています。しかし、マクロライド系の抗生物質ではあまり効果がみられない重度のニキビの場合は、テトラサイクリン系の抗生物質が処方されることがあります。ただし、妊娠中の女性の場合は服用することはできませんし、長期にわたってテトラサイクリン系の抗生物質を服用し続けると、色素沈着などの副作用が生じることがありますから注意が必要です。

【抗生物質は炎症ニキビへの対症療法でしかない】

ニキビ治療の代表が抗生物質による治療ですが、抗生物質にあるのはアクネ菌を殺菌して炎症を鎮めるという効果だけです。ですから、ニキビを根本から治す治療ではありません。

それで、ニキビができやすい人は抗生物質に頼った治療を受けるのではなく、ニキビを予防することにスポットを当てて治療方法や予防方法を探るのがオススメです。抗生物質による治療は、ニキビが炎症を起こしてしまってどうしようもできないという場合のみに受けるものという意識を持ちましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る