皮膚科でのニキビ治療の種類

db4d7fa8dba10034f90566a3dba6e584_s

ニキビが悪化してきたら、自分で何とかしようと努力するよりも、皮膚科で治療を受けるのが最善です。皮膚科での治療というと、ニキビ治療用の外用薬が処方されるだけというイメージがあるかもしれませんが、実はニキビの治療にはさまざまな方法があります。どれか1つの方法で治療がなされることもあれば、複数の治療方法を併用することもあります。

ここでは、皮膚科でのニキビ治療の種類をお知らせしますので、参考にしてみてください。

【外用薬による治療】

ニキビによる治療方法の中でも代表的なのが外用薬による治療です。処方される外用薬にはいくつかの種類がありますから、それぞれの特徴を知っておくといいですよ。

◆抗生物質◆

炎症を起こしているニキビには、抗生物質が含まれている外用薬を処方して、炎症を鎮めます。代表的な、抗生物質には次のようなものがあります。

・アクアチムクリーム、ナジフロキサシン(ニューキノロン系抗生物質)

・クリンダマイシン、ダラシンTゲル、ダラシンローション(リンコマイシン系抗生物質)

◆レチノイド◆

炎症を起こしていない初期段階のニキビに対して処方されます。毛穴付近が硬くなって狭くなるのを防ぎます。代表的な外用薬としては、ディフィリンゲルがあります。

◆その他の外用薬◆

皮膚のターンオーバーを促進する効果の高いトレチノインによる治療も行われています。ただし、トレチノイン治療の場合は、保険適用外になります。

【内服薬による治療】

外用薬による治療に加えて、内服薬が処方されることがあります。皮膚科での内服薬による治療には、ニキビの炎症を抑えるための抗生物質や、ホルモンバランスの乱れを整えて皮脂の過剰分泌を抑えるホルモン治療、また、皮膚の分泌量をコントロールしたり、ニキビの治癒を早めたりするためのビタミン剤の処方などがあります。

◆抗生物質◆

ニキビが重度の炎症を起こしている時に、炎症を抑えるために処方されます。一般的にニキビ治療に用いられている抗生物質には次のものがあります。

・ミノマイシン(テトラサイクリン系抗生物質)

・テラマイシン(テトラサイクリン系抗生物質)

・エリスロマイシン(マクロライド系抗生物質)

・ルリッド(マクロライド系抗生物質)

・クラリス(マクロライド系抗生物質)

◆ホルモン治療◆

ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンの分泌が多くなると、皮脂の分泌が過剰になるためにニキビができやすくなります。ホルモン治療では、女性ホルモンを補給してあげることで男性ホルモンの働きを抑える治療が行われます。

具体的なホルモン治療としては、避妊薬として知られている低用量ピルを用いた治療や、女性ホルモンに似た働きをする成分を投与したりすることなどがあります。

ホルモン治療では、男性ホルモン優位の状態にあるホルモンバランスを女性ホルモン優位の状態にして、皮脂の過剰分泌を抑えることを目標とします。

◆ビタミン剤◆

食事で必要なビタミンが摂れなかったり、ストレスや食生活の偏りによって大量のビタミンが消費されたりしてしまうと、ビタミンが不足します。特に、ビタミンB群やビタミンCは、皮脂の分泌をコントロールしたり、肌のターンオーバーを高めたりするのに必要ですから、ニキビ治療の1つとしてビタミン剤が処方されることもあります。

【皮膚科で行われる処置】

皮膚科では、薬による治療の他に次のような治療方法が行われることもあります。

◆レーザー治療(保険適用外)

ニキビに照射してニキビを治療する他に、ニキビ痕の治療にも効果的です。

◆面皰圧出

ニキビに小さな穴を開けて、中に詰まっている皮脂や古い角質、膿などを専用の器具を使って押し出す治療方法です。

◆ケミカルピーリング(保険適用外)

肌表面の古い角質を薬剤によって除去し、肌のターンオーバーを高めることでニキビの治療を行います。

◆イオン導入(保険適用外)

肌にビタミンCを浸透させることで、ニキビの治癒を早めます。

◆注射治療

ニキビができている部分に直接注射をして炎症を鎮めたり、ニキビ痕の凸凹を治療します。使用される薬剤には、ケナコルトやプラセンタ、ヒアルロン酸などがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る