乾燥肌なのにニキビが!原因と対処法

d25b4e601d563fcd0a89f097de47846a_s

ニキビは、オイリー肌の人にできやすいというのが、世間一般の考え方だと思います。しかし、中には「乾燥肌なのにニキビができてしまった!」という人もいます。乾燥肌とニキビって結びつかないような気がしますが、乾燥肌なのにニキビができてしまう原因とはなんなのでしょうか?

ここでは、乾燥肌なのにニキビができてしまうということが起きる原因とその対処法について解説していきますので、乾燥によるニキビで悩まされている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

【乾燥肌なのにニキビができてしまう原因】

「カサつきやすい乾燥肌なのに、なぜかニキビができてしまう」-もし、そうだとしたら、それは意外なことではありません。大人になってからできる大人ニキビには、肌の乾燥が原因ということが少なくないからです。

その点を説明するにあたって、乾燥肌とはどういう状態なのか簡単に説明したいと思います。

わたし達の肌は、いくつかの薄い層に分かれています。そして、肌表面の部分にある部分を『角質層』と呼んでいます。角質層は、わずか0.02mmほどですが、この部分の潤いが保たれることで肌の『バリア機能』が高まり、肌は外部からの刺激によって直接ダメージを受けることから守られています。通常、健康な肌だと角質層の水分量は10%~15%、ないしは20%ほどに保たれています。しかし、乾燥肌の場合は、この水分量が10%未満の状態にあります。ですから、肌がカサついてしまうのです。

このように、乾燥肌だと皮脂や肌の水分量が十分に保たれませんから、肌のバリア機能が低下してしまいます。

肌のバリア機能が低下すると、肌のターンオーバーが低下し、角質部分が異常角化を起こすようになります。そのため、古い角質が毛穴に入り込んで角栓ができやすくなってしまいます。そのようなワケで、毛穴が詰まり、ニキビができやすくなるのです。

また、肌が乾燥すると、肌を守るために脳からの指令で肌は皮脂を過剰に分泌するようになります。このことも、ニキビができる原因となります。というのは、皮脂が過剰に分泌された結果、その部分の毛穴が詰まりやすくなってしまうからです。毛穴が詰まると、本来なら肌表面に排出されるはずの皮脂が、行き場を失って毛穴に溜まってしまいますから、そのためにニキビができやすくなるのです。

ですから、乾燥肌はニキビとは無縁だと思われがちですが、実は肌の乾燥が大人ニキビの大きな原因になるということを覚えておきましょう。

【乾燥によるニキビの効果的な対処法】

では、肌の乾燥によるニキビで悩まされている場合は、どのように対処したら良いのでしょうか?

その場合は、肌の乾燥がニキビの原因になっているわけですから、肌に潤いを与えることが何よりも効果的な対処法となります。

肌に潤いを与えるためには、まずは化粧水で肌の水分量をしっかりと補うことが大切です。そして、その上で油分を含む保湿成分(乳液・クリームなど)で水分を肌に閉じ込めるようにしましょう。特に、乾燥によるニキビが発生しやすいフェイスラインや口周りは水分量をしっかりと補った上で、乳液やクリームを塗って水分量が保たれるようにしましょう。

 

スキンケアのために使うアイテムもこだわりをもって選ぶようにしてください。肌が乾燥するとバリア機能が低下しますから、外部からの刺激を受けやすくなってしまっています。そのため、健康な肌なら何の問題もなく使える化粧品に含まれている成分が、バリア機能が低下した肌には強い刺激となることがあります。

ですから、乾燥肌の人は、肌にマイルドな低刺激のスキンケア用品を使ってスキンケアを行うようにしましょう。敏感肌用のスキンケア用品があれば、そういうものを選ぶのがオススメです。肌が乾燥しているからと、保湿成分がたっぷりと入ったリッチなクリームを使用すると、逆に肌荒れの原因になることもありますから、注意してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る