ニキビ肌でも安心して使えるファンデーションの選び方

4642dbb2c8e5bfcdcad144c5ee782c63_s

ニキビができた時、「ファンデーションは塗らない方がいいのでは?」と考える人は少なくないと思います。しかし、仕事などで外出する場合は、さすがにノーファンデーションでは出掛けることはできませんよね。でも、ファンデーションを塗りながらも「ニキビが悪化しそう・・・!」と内心は不安な気持ちになっている人も少なくないはずです。

ここでは、ニキビ肌でも安心して使えるファンデーションの選び方についてお知らせしたいと思います。「ニキビを悪化させたくないけど、ノーファンデーションで過ごすわけにはいかない」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

【ニキビ肌にはNGなファンデーション】

ニキビ肌にNGなファンデーションとしては、油分が多く含まれているリキッドタイプのファンデーションやクリームタイプのファンデーション、また、練りタイプのファンデーションがあります。

ニキビは、皮脂の過剰分泌などによって毛穴が詰まってしまうことによってできます。ですから、ニキビの悪化を防ぐためには、毛穴を詰まらせる原因となるファンデーションはNGです。毛穴詰まりの原因になりやすいファンデーションとしては、リキッドタイプやクリームタイプ、そして、練りタイプのファンデーションがあります。このようなタイプのファンデーションは、油分が多いので毛穴詰まりの原因になりやすいのでオススメできません。

また、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを避けてほしい別の理由として、そのようなファンデーションには界面活性剤が多く含まれているという点があります。界面活性剤は、洗剤にも入っているとても強い成分ですので、肌へ与える負担が大きいんです。ですから、界面活性剤が含まれているファンデーションを使用すると、ニキビができやすくなりますし、ニキビが悪化しやすくなります。この理由からも、リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションはニキビ肌にはNGといえます。

【ニキビ肌にオススメなのはミネラルファンデーション】

では、ニキビ肌にオススメなファンデーションは、どのようなものなのでしょうか?

ニキビ肌にオススメなのは、ルースタイプのミネラルファンデーションです。普通のパウダーファンデーションでもリキッドタイプのものよりは肌への負担は軽いのですが、通常のパウダーファンデーションにもやはり油分が含まれています。ですから、肌への負担が軽いという点では、ルースタイプのミネラルファンデーションが一番オススメです。

ただ、ミネラルファンデーションといわれているものすべてが良いものなのかというと、そうでもありません。「ミネラル100%」と表示されているミネラルファンデーションであっても、実はミネラル成分だけでつくられているわけではないことがあります。つまり、いろんな他の成分を配合しているけど、「顔料だけはミネラル100%でつくりました」ということもあります。また、ミネラルが主成分ではなく、“ミネラルが含まれているファンデーション”を『ミネラルファンデーション』として販売しているものもあります。

ですから、ミネラルファンデーションを選ぶ場合は、成分表示をよくチェックしてから購入するのがオススメです。

【ニキビを悪化させないためにメイク道具は清潔に!】

汚れたパフやスポンジ、ブラシを使用してメイクをすると、細菌が繁殖してニキビが悪化してしまいます。ですから、メイクに使用するパフやスポンジ、ブラシは定期的に洗うようにしましょう。

特に、ニキビができている肌をメイクした後は、使ったパフやスポンジに細菌が付いてしまっている可能性が高いので、特にこまめに洗うようにしてください。洗ったパフやスポンジ、ブラシは風通しの良いところに陰干しして十分に乾かしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る