ニキビに効果的な乳液・クリームの選び方

5b27c5ce7a368ac375a8869868eb1ca1_s

ニキビで悩まされている人にぜひ見直してほしいのはスキンケアです。正しいスキンケア方法に変えたら、「ニキビが改善された」とか「ニキビができにくくなった」ということはしばしばありますから、ニキビで悩んでいる人はまずはスキンケアを見直してみましょう。

スキンケアを見直す際にあわせて見直してほしいのが、スキンケアに用いる洗顔料や化粧水、乳液やクリームなどのアイテムです。ニキビがなかなか改善しない理由は、もしかしたら、使っているスキンケアアイテムが問題なのかもしれません。

ここでは、スキンケアアイテムの中でもスキンケアの仕上げに使用する乳液とクリームにスポットをあて、ニキビに効果的な乳液やクリームの選び方について解説していきたいと思います。

【ニキビ肌に乳液やクリームは必要?】

ニキビの原因の多くは皮脂の過剰分泌によるものなので、「乳液やクリームで保湿する必要はないのでは?」と考える人も少なくないようです。しかし、洗顔後の肌に化粧水を浸透させるだけのお手入れでは、与えた潤いはすぐに蒸発してしまいます。

ですから、化粧水で与えた潤いをしっかりと閉じ込めるためには、乳液やクリームで肌表面に薄い膜を作って潤い成分が外に逃げないようにしてあげることが必要です。

もし、乳液やクリームを使わず化粧水だけのお手入れで済ませるなら、肌は潤いが保たれませんから、そのうち肌が乾燥するようになってしまいます。そうすると、肌が荒れるだけでなく、肌は乾燥から守るために皮脂の分泌を促しますから、それがニキビができる原因につながってしまうのです。

ですから、ニキビ予防には乳液やクリームは不要と誤解されがちですが、実際には乳液やクリームで肌の潤いを保たせることがニキビ予防につながるということを覚えておいてくださいね。

【ニキビに効果的な乳液の選び方】

ニキビに効果的な乳液としては、保湿効果の高いものを選ぶのがオススメです。中には、「乳液のベタつきが好きじゃない」という人もいるかと思いますが、ベタつきはずっと続くわけではなく、そのうち肌になじんでしっとりとした触り心地になりますから、サラッとしたタイプの乳液よりも保湿効果の高いものを選ぶようにしましょう逆に、保湿効果の弱い乳液だと十分な保湿効果が実感できませんから、乳液の役目としては不十分といえます。

乳液を選ぶ際には、保湿成分であるセラミドが入っているものを選ぶのがオススメです。セラミドは、肌を保湿する効果に優れており、また肌のバリア機能を高める効果がありますから、セラミド入りの乳液を使うとニキビができにくくなります。

乳液を使うタイミングとしては、化粧水を肌に浸透させた後です。もし、美容液を使う場合は、化粧水の後に美容液、そして、乳液という順になります。乳液は適量(10円大くらい)を手に取って、顔全体にムラなく伸ばしてください。その後、ハンドプレスしてしっかりと浸透させるとより効果的です。

【ニキビに効果的なクリームの選び方】

「ニキビ肌にはクリームは良くないのでは?」と感じる人も多いと思いますが、ニキビの原因であるアクネ菌は空気が触れる部分では繁殖するわけではないので、肌の外から補うクリームが原因でニキビができることを心配する必要はありません。

ニキビケアとしてのクリームの選び方ですが、乳液と同様、保湿成分であるセラミドが入ったものがオススメです。他にも、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿効果の高い成分が含まれたクリームは、優れた保湿効果が期待できるのでオススメです。

クリームを使うタイミングとしては、化粧水で整えた後のお手入れの最後に使用します。乳液を使用する場合は乳液の後に使用しますが、乳液を使わずに化粧水の後にクリームで仕上げても問題ありせん。

クリームは、適量を手に取り、それを頬やおでこ、アゴ、にチョンチョンと少量ずつのせて指を使って伸ばしていきましょう。全体にムラなく伸ばしたら、手のひら全体を使ってハンドプレスしてクリームを肌に浸透させると効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る