もうニキビで悩まない!ニキビ予防に効果的なスキンケア

a2811f4d2ce262584eec501f06ba9755_s

ニキビができてしまう原因としては、ホルモンバランスの乱れや間違ったスキンケア、食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなど、いろんな要素が関係しています。1つの要素が原因であることもあれば、複数の要素が関連してニキビになってしまうこともあります。

ニキビは一度できてしまうと、繰り返しできる可能性も高くなりますし、また、できたニキビが悪化するとニキビ痕が残ってしまうこともあるので、早めに予防してニキビをつくらないようにするのが一番です。

ニキビ予防の基本は、正しいスキンケアをマスターすることにあります。ここでは、ニキビ予防に効果的な正しいスキンケア方法についてご紹介したいと思います。

【まずは、正しい洗顔方法をマスター】

スキンケアの中でも洗顔は基本中の基本なので、正しい洗顔方法をマスターしたいものです。洗顔方法が正しいかどうかというのは、ニキビ予防の効果に大きく関係しますので、ぜひ、自分の洗顔方法が正しいかどうか見直してみてください。

◆クレンジング◆

一日の終わりの洗顔は、メイクをオフするところからスタートします。マスカラや口紅などのポイントメイクは、ポイントメイク用のリムーバーを使うなどして、先にオフしておきます。

ポイントメイクを落としたら、顔全体のクレンジングを行いますが、クレンジング剤はオイルタイプのものではなく、ジェルタイプやミルクタイプのものを使うのがオススメです。オイルタイプのクレンジングは、メイクになじみやすく、クレンジング力も強いのですが、モノによっては毛穴詰まりの原因になりやすいので、ニキビ予防という点からはオススメできません。

クレンジング剤は、手に取ったら顔全体を軽くマッサージするようにして手早くメイクとなじませてください。その後、ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

◆洗顔◆

洗顔料はマイルドなものを使うようにします。もちろん、ニキビ予防用の洗顔料を使うとさらに効果的です。

洗顔料は手に取ったら、細かいホイップ状の泡が立つまでしっかりと泡立ててください。しっかりと泡立てたら、TゾーンやUゾーンなどニキビのできやすい部分から洗っていきます。泡で顔全体を包み込むようにして洗い、泡をクッションにして手のひらが直接顔に触れることのないように洗っていくのがポイントです。

全体を軽くマッサージしたら、ぬるま湯ですすぎ流しましょう。すすぎは、すすぎ残しがないように丁寧に洗い流してください。すすぎ残しがあると、その部分にニキビができやすくなってしまいます。

洗顔時の注意点としては、洗い過ぎないということです。洗浄力の強すぎる洗顔料を使ったり、1日の洗顔回数が多かったりすると、肌のバリア機能が低下してニキビができやすくなってしまいますので、洗い過ぎには注意しましょう。

【洗顔後はしっかりと保湿する!】

オイリー肌の人の中には、洗顔後にローションや乳液を使うと「ベタつくのでイヤ」という人もいますが、保湿することは大切です。保湿しないと、肌が乾燥に傾いて肌のバリア機能が低下してしまいますし、逆に皮脂の分泌が盛んになって、それがニキビの原因になってしまうこともあるからです。

ですから、オイリー肌の人でも洗顔後の肌はしっかりと保湿することが必要です。保湿方法としては、洗顔後のタオルドライした肌にローションをたっぷりと浸透させ、その後、乳液などで保湿します。ローションだけだと保湿としては不十分なので、ローションのみで済ませるということのないようにしてください。

 

注意点としては、油分が多く含まれているスキンケア用品は避けるという点です。油分が多いスキンケア用品は毛穴をふさいでしまうことがありますので、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が入ったスキンケア用品でしっかりと保湿するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る