チョコレートの食べ過ぎはニキビの原因に?!

53e79f5ba594598a7060d5c77e6ffd5d_s

子どもから大人まで誰もが好きなチョコレート。しかし、「チョコレートを食べるとニキビができやすくなる」という話はよく聞かれますよね。ですから、「ニキビ予防のために大好きなチョコレートはしばらく我慢している」という人も少なくないかと思います。実際のところ、チョコレートを食べ過ぎるとニキビができやすくなるのでしょうか?

ここでは、誰もが気になる疑問、「チョコレートはニキビの原因になるのか」という点について解説していきたいと思います。

【チョコレートはニキビの原因になるという科学的根拠はなし?】

チョコレートとニキビの因果関係については、いくつかの機関によって研究結果が報告されています。

アメリカ食品医薬品局(FDA)によると、「ニキビと食事を関連づける科学的根拠はない」という見解が報告されています。つまり、この報告によるとチョコレートが直接ニキビの原因になるという科学的根拠はないということになります。

また、米国ペンシルバニア大学の研究では、ふつうに売られているチョコレートのカカオマスよりも10倍近く多い量のカカオマスが入ったチョコレートを食べたグループと、カカオマスの入っていない偽チョコレートを食べたグループとでは、「ニキビのでき方などに違いは見られなかった」と報告されています。ですから、この報告からもチョコレートとニキビとの直接の因果関係は認められなかったということが分かりますよね。

これらの研究報告が示すところによれば、チョコレートがニキビの直接的な原因になるという根拠はないということになります。ですから、チョコレート好きにはうれしいことに「ニキビを気にしてチョコレートを食べるのは我慢」なんてことはしなくてもいいということになりますね。

【チョコレートがニキビの原因になる場合】

さまざまな研究報告からチョコレートとニキビには直接の因果関係はないということが証明されていますが、だからといったチョコレートを食べ過ぎても良いということではありません。実は、チョコレートがニキビの原因となってしまうことも実際にはあるんです!

というのは、チョコレートには糖分が多く含まれていますよね。このチョコレートに含まれている糖分は、皮膚を硬くして毛穴を詰まらせてしまう原因になってしまいます毛穴が詰まると、その部分に毛穴から排出されなかった皮脂が溜まってしまうので、そこでアクネ菌が増殖してニキビができやすくなってしまうんです。

ですから、糖分が多く含まれている甘いチョコレートを食べ過ぎてしまうと、それがニキビの原因になってしまうことはあるということを忘れないようにしましょう。チョコレートとニキビには直接の因果関係はありませんが、チョコレートを食べ過ぎると糖分の摂取量が増えるためにニキビができやすくなりますので、食べる上限を決めて控えめに食べるようにしてください。できれば、糖質をカットしたチョコレートを選ぶのがオススメです

【チョコレートのうれしい効果】

チョコレートには、動脈硬化やガンの予防に効果があるといわれているポリフェノールが含まれています。このポリフェノールには、動脈硬化やがんの予防だけでなく、美容や健康に役立つさまざまな効果があります。

例えば、ポリフェノールにはニキビの原因でもあるストレスを和らげる効果や、神経をリラックスさせる効果があるともいわれています。さらに、ポリフェノールには抗酸化作用がありますから、アンチエイジング効果があるだけでなく、ニキビの悪化を防ぐ効果も期待できます。

他の点として、チョコレートの香りがもたらす効果があります。チョコレートの香りを嗅ぐと幸せな気分になりますが、チョコレートの香りには、幸福感や満足感を与えるだけでなく、脳に刺激を与えて集中力や記憶力をアップさせる効果があることも分かっています。

ですから、チョコレートは適量を守って食べると、ニキビの原因になることはなく、わたし達の美容と健康をサポートする強い味方になってくれると結論できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る