アーモンドはニキビの原因になる?真相は?

d0dff1f560868762556d1dc790c0c43c_s

おやつ代わりに食べている人も多いアーモンド。最近では、美容にいいということで美意識の高いモデルさん達の間でもブームになっているようですね。しかし、アーモンドには油分が多いので「ニキビの原因になる」という声も聞かれます。一方で、「アーモンドがニキビの原因になるという医学的な根拠はない」という声もあります。

アーモンドは本当にニキビの原因になるのでしょうか?それとも、アーモンドとニキビとは関係がないのでしょうか?ここでは、その真相に迫りたいと思います!

【最近の研究で明らかになったアーモンドの優れた美容効果】

アーモンドは油分が多いために「ニキビの原因になる」とか「肥満になる」などと言われることが多かったのですが、最近の研究では、アーモンドに含まれている優れた美容効果が注目されています。アーモンドに含まれている美容効果の高い成分の中でも代表的なものを1つずつ挙げていきたいと思います。

◆ビタミンB群

肌のターンオーバーを高めたり、皮脂の分泌をコントロールするのに効果的なビタミンB1やビタミンB2などのビタミンB群がアーモンドにはたっぷりと含まれています。そのため、アーモンドはニキビを予防する点でも高い効果が期待できます。

◆ビタミンE

アンチエイジング効果が高いことで知られているビタミンEですが、アーモンドには100g中におよそ30gものビタミンEが含まれていると言われています。ビタミンEは他のナッツ類にも含まれていますが、アーモンドのビタミンEの含有量は、他のナッツ類と比較してもずば抜けて高いんです。

ビタミンEにアンチエイジング効果があると言われているのは、その強い抗酸化作用です。活性酸素は肌老化の原因となりますから、強い抗酸化作用を持つビタミンEを摂って活性酸素除去することは若々しい肌を保つのに効果的です。

加えて、活性酸素はニキビの悪化にもつながりますから、ビタミンEが豊富なアーモンドを摂るとニキビの悪化を防ぐ上でも優れた効果が期待できます。

◆マグネシウムや亜鉛、ポリフェノールなどのミネラル

アーモンドにはマグネシウムや亜鉛、ポリフェノールなどの美容にいいミネラル類も豊富に含まれています。

◆食物繊維

あまり知られていませんが、アーモンドには食物繊維も豊富に含まれています。そのため、便秘解消に効果的です。便秘は肌荒れやニキビの元となりますから、食物繊維の豊富なアーモンドは肌荒れを抑えて、ニキビを予防するのにもいい食品といえます。

【美容目的でアーモンドを摂る場合の注意点】

このようにアーモンドには優れた美容効果が期待できますから、ニキビの原因になるどころかニキビの予防に役立つ食品ということができます。ただ、美容目的でアーモンドを摂る場合にはいくつかの注意点があります。

まず、スーパーなどで最近売られているアーモンドのほとんどは、油で揚げてあったり、塩や砂糖で味付けされていたりすることが多いのですが、そのようなタイプのアーモンドを習慣的に食べてしまうと、油分や塩分、糖分を摂り過ぎてしまうことになってしまいます。そうすると、太りやすくなってしまいますし、肌荒れやニキビの原因になってしまうこともあります。

ですから、アーモンドを選ぶ場合は、加工されていない生アーモンドがオススメです。生アーモンドは、スーパーなどではなかなか手に入らないことも多いので、もし、生アーモンドを入手することもが難しいならば、塩や砂糖などで味付けされていない、油を使わずに素焼きしたアーモンドを選ぶといいと思います。

そして、アーモンドを食べる量ですが、アーモンドがいくら美容にいいといっても、食べ過ぎは肥満や肌荒れの原因になりますから、1日に食べる量は20粒程度くらいまでにするようにしましょう。1度に大量に食べるよりも、毎日定期的に一定の量を食べる方が美容には効果がありますから、毎日少しずつ食べることを習慣にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る