ニキビの原因になってしまう食べ物

deb3ab0175580a5ff97262210316c2d3_s

ニキビの原因となるものに、誤ったスキンケアや睡眠不足、ストレス、そして、ホルモンバランスの乱れなどがありますが、実は食べ物もニキビの原因になってしまうこともあります。もし、ニキビケアをやっているのに「なかなか効果がみられない」という場合は、食習慣を見直すといいかもしれません。

ここでは、ニキビの原因になってしまう食べ物や飲み物についてお知らせしますので、ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【脂肪分や糖分の多い食べ物はニキビの原因に!】

ニキビの原因となる食べ物に、脂肪分や糖分の多い食べ物があります。脂肪分や糖分の多い食べ物は皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を促すので、食べ過ぎるとニキビをつくりやすくなります。

脂肪分や糖分の多い食べ物といわれても、ピンとこないという人は次のような食材を好む傾向がないかチェックしてみてください。

・ステーキならサーロイン、焼き肉ならカルビが好き

・ベーコンやソーセージ、ハムが大好き

・牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品が好き

・バターをたっぷりと使った食事が好き

・ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類が好き

・デザートは生クリームをたっぷり使ったものを好んで食べる

いかがですか?当てはまる点がありますか?もし、この中で当てはまる点があれば、脂肪分が多い食べ物を好んでいることになります。脂肪分もカラダには必要なものですが、摂り過ぎは禁物です。もし、習慣的に脂肪分の多い食べ物を食べているなら、控えるようにしてニキビを予防しましょう。

糖分の多い食べ物というと、砂糖をたっぷりと使った甘いものというイメージが強いと思いますが、実は意外なものにも糖分がたっぷりと含まれていることがあります。次の中で当てはまる点があれば要注意です。

・ご飯が大好きで1回の食事で何杯も食べてしまう

・イモやカボチャなどが大好きでご飯代わりに食べることも多い

・フルーツが大好きで毎日たっぷりと食べるのが習慣になっている

意外と無視されることが多いのが、炭水化物や果物に含まれている糖分です。炭水化物や果物もカラダには必要なものではありますが、摂り過ぎはニキビの原因になってしまいますから、ぜひ控えめに食べるようにしましょう。もちろん、ケーキやドーナツ、ぜんざいや大福などの甘いものも、ニキビ予防のためには控えるようにしてください。

【香辛料の摂り過ぎもニキビをつくる?】

香辛料の摂り過ぎもニキビの原因になってしまうことがあります。というのが、香辛料も皮脂の分泌を促すからです。そのため、スパイシーなカレーを好んで食べたり、一味唐辛子やタバスコなどを大量に使うのを習慣にしたりして、香辛料を習慣的に過剰に摂っている人はニキビができやすくなってしまいます。

さらに、香辛料は胃に与える負担も大きいので、そのために肌荒れを起こしやすくなりますから、控えめにとるのがオススメです。

【1日に何杯もコーヒーや紅茶を飲むのはニキビの原因に!】

コーヒーや紅茶が大好きで1日に何杯も飲んでいるという人もいるかと思いますが、実はコーヒーや紅茶もニキビの要因となってしまうことがあるので要注意です。

コーヒーや紅茶に含まれているカフェインには、ビタミンやミネラルを排出する作用があります。そのため、脂質を代謝して皮脂の過剰分泌を調整する働きのあるビタミンB群や美肌効果のあるビタミンCが失われてしまいますから、ニキビができやすくなってしまいます。また、肌のターンオーバーに欠かせないミネラル分も失われることから、毛穴詰まりが起きやすくなり、結果としてニキビができやすくなります。

ですから、ニキビ予防という点から考えると、コーヒーや紅茶は1日に2杯程度までという風に飲む量を決めて、あとはノンカフェインの飲み物を飲むようにするのがオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る