ニキビに効く食べ物

3fa5fdf542e9777ef923321b2b44bb35_s

ニキビができやすくて悩んでいるという人は、毎日のスキンケアやライフスタイルに問題があることが少なくありません。それで、ニキビを改善するためには、毎日のスキンケアやライフスタイルを見直す必要がありますが、毎日の食生活に気を付けることでも、できたニキビを改善したり、早く治したりすることができますよ。

ここでは、ニキビに効く食べ物を一挙にご紹介!毎日の食事で摂りやすい食べ物を中心にお知らせしますので、ぜひ、意識的に食べて少しでも早くニキビを治しましょう!

【ニキビに効くビタミンが含まれている食べ物はコレ!】

お肌にいいと言われているビタミンですが、ニキビに効くビタミンとしては、ビタミンAやビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンEなどがあります。それぞれのビタミンの働きと、それぞれのビタミンを含む食材を1つずつ挙げていきたいと思います。

◆ビタミンA

肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進する作用を持ちます。肌のターンオーバーが活性化すると、汚れや古い角質が肌表面からきちんと落ちるので、毛穴が古い角質で塞がれたりすることはなくなります。また、次々と新しい肌細胞がつくられるため、肌の潤いを保つことができます。

<含まれている食材>

レバー、ウナギ、あんこう(肝)、ホウレン草、ニンジン、カボチャなど。

◆ビタミンB2

ニキビの原因の1つは、皮脂の過剰分泌による毛穴詰まりですが、ビタミンB2には皮脂を分解し、皮脂の過剰な分泌を抑える働きがあります。

<含まれている食材>

豚肉、レバー、卵、うなぎ、納豆、牛乳など。

◆ビタミンB6

タンパク質や脂肪分の代謝を促します。肌のターンオーバーを促すのには欠かせない栄養素です。

<含まれている食材>

マグロ、カツオ、レバー、にんにくなど。

◆ビタミンC

美肌効果が高いことで知られているビタミンCですが、その優れた美肌効果からニキビの予防や悪化を防ぐのに欠かせないビタミンとも言うことができます。ビタミンCには優れた抗酸化作用があり、メラニンの生成を抑制するのでニキビ痕による色素沈着などを防いだり、改善したりすることができます。また、皮脂の過剰分泌を抑えたり、炎症を抑えたりする作用もありますから、ニキビの悪化を防ぐのに効果的です。

<含まれている食材>

柑橘類、キウイ、イチゴ、アセロラ、緑黄色野菜、イモ類、ブロッコリー、パセリなど。

◆ビタミンE

ビタミンCと同様に抗酸化作用が強いことで知られています。そのため、肌に害となる活性酸素の影響から肌を守るとともに、血行を促進して肌のターンオーバーを高めます。肌をみずみずしい状態に保つためには欠かせないビタミンです。

<含まれている食材>

あんこう(肝)、イクラ、タラコ、カボチャ、アーモンド、ヘーゼルナッツ、アボカドなど。

【コラーゲンやミネラルが豊富な食べ物も食べたい】

ビタミン類の他にニキビの予防や改善のために食べたいのが、コラーゲンやミネラルを含んだ食べ物です。

コラーゲンは、鶏の皮や軟骨、お肉の筋、また、ゼラチンに含まれていますが、肌をつくるのに必要な栄養素ですので、積極的に摂りましょう。

また、カルシウムや亜鉛、マグネシウムなどのミネラル類はホルモンバランスを整えるのに欠かせませんから、やはり摂るようにしたいものです。カルシウムは乳製品や小松菜などの野菜から、亜鉛は牡蠣や煮干し、牛肉などから摂ることができます。さらに、マグネシウムは、アーモンドやカシューナッツ、ピスタチオ、くるみなどのナッツ類や昆布やあおさなどの海藻類から摂ることができますよ

補足情報として、便秘もニキビの原因となりますから、ニキビを予防・改善するためには、便秘の予防・改善に効果的な食物繊維の含まれた野菜やキノコ、海藻類などをたっぷりと摂るようにするのがオススメです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る