ニキビ痕にしこりが!原因と改善方法

fa632a3207146a1b12e6bafbb2a17532_s

ニキビの炎症がひどいと、ニキビ痕が硬くなって『しこり』になってしまうことがあります。できてしまったしこりは、触ると硬いので気になりますし、痛みを伴うこともあります。「そのうち、治るだろう」と思って放置していると、全然変化が見られないので戸惑う人も少なくないでしょう。

ここでは、ニキビ痕がしこりになってしまう原因と、その改善方法について解説したいと思います。

【ニキビ痕がしこりになってしまう原因】

通常、ニキビはまだ炎症が起きていない段階で治癒することができれば、ニキビ痕は残ることなく肌は元のキレイな状態に戻ります。しかし、ニキビが悪化して炎症を起こしてしまうと、ニキビが治ってもニキビ痕が残ってしまう可能性が高くなります。

ニキビ痕にも色んな種類があり、赤みが残ったり、色素沈着を起こしたりする場合もあれば、ニキビ痕が凹んでクレーター状になったり、逆に盛り上がってケロイドになったりすることもあります。そして、ニキビ痕が硬くなってしこりになってしまうこともあります。

ニキビ痕の中でも、赤みや色素沈着は肌のターンオーバーとともに自然と消えていくことが少なくありませんが、しこりの場合は自然と消えることはほとんどありません。

というのは、ニキビ痕は次のような段階を経てしこりになってしまうからです。

通常、分泌された皮脂は毛穴を通って肌表面に排出されるようになっていますが、何らかの理由で毛穴が塞がってしまうと、分泌された皮脂が毛穴に溜まってしまいます。そして、毛穴が塞がった状態のまま皮脂の分泌が続くと、皮脂を好むアクネ菌がそこで増殖し、炎症が起きてしまいます。炎症が起きている時のニキビは赤くなっており、赤ニキビと呼ばれています。

炎症が起きたニキビがさらに悪化すると、今度はその部分が化膿し、赤いニキビが黄色っぽい色に変化します。そして、その後もアクネ菌は繁殖を続け、毛穴の周辺組織を破壊していきます。

ニキビの炎症が鎮まると、破壊された周辺組織(真皮層や皮下組織にまで及ぶ)を修復しようとコラーゲンの元となる細胞などを過剰に生成してしまいます。そして、その部分が盛り上がってしこりとなってしまうのです。

ですから、ニキビ痕がしこりとなってしまうのは、ニキビがかなり悪化した状態の時で、肌表面に近い表皮だけでなく、真皮層やその下の皮下組織にまでダメージが及んだ場合だということです。そして、一旦しこりができてしまうと、できたしこりが自然と治ることはかなり難しくなります。

【ニキビ痕のしこりを改善する方法】

ニキビ痕のしこりは、自然と治ることはほぼ期待できません。ですから、ニキビ痕のしこりを本格的に治したいと思ったら、皮膚科での治療が必要になります。

皮膚科でのしこり治療にはいくつかの方法があります。リザベンという内服薬を服用してしこりを徐々に改善するという方法や、注射器でステロイドを注入してコラーゲンなどの過剰生成を抑えるという方法があります。

そして、レーザーによって皮膚の奥の方にあるコラーゲン組織にダメージを与え、それによってコラーゲンの再生を促し、そうすることで正常なコラーゲン組織が再生されるように促す治療方法もあります。

他にも方法はありますが、どの治療方法が行われるかは、しこりの重症度や医師の判断、患者の希望などを考慮して決められますので、あらかじめどのような治療方法があるのか調べた上で、皮膚科に行くのがオススメです。治療方法によっては、健康保険がきく場合とそうでない場合とがありますから、その点についても医師によく尋ねるようにしましょう。

また、皮膚科での治療でも、ある程度の期間、根気よく治療を続ける必要がありますから、通うのを途中でやめないようにしてください。それとともに、ぜひ新たなニキビをつくらないように努力して、新たなしこりができるのを予防しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る