ケロイド状のニキビ痕の原因と改善方法を徹底解説

38dccd8cf6cfdf8f1dd216416d061a55_s

炎症が長引いてなかなか治らなかったニキビがやっと治ったと思ったら、「ニキビ痕がケロイドのようになってしまった!」ということはありませんか?せっかくニキビが治っても、ニキビ痕が盛り上がってケロイドのようになってしまったらショックは大きいですよね。

ケロイド状のニキビ痕ができてしまうのは、炎症時のダメージが皮膚のかなり深部にまで達したということですから、簡単には元の状態に戻すことはできません。

ここでは、ケロイド状のニキビ痕ができる原因と、その改善方法について解説します。もし、ケロイド状のニキビ痕ができて悩んでいるという場合は、改善に役立ててほしいなぁと思います!

【ケロイド状のニキビ痕ができる原因とは?】

ニキビ痕というと、クレーター状に凹むことが多いのですが、ケロイド状に盛り上がることも稀にあります。これは、何度も同じ場所で炎症が起こり、化膿するほど重症になることで、毛穴の組織が壊滅するほどのダメージを受けたことで生じます。

ダメージを受けた肌は、その部分を修復しようとコラーゲンを大量につくりますが、正常に再生されなかったコラーゲン組織が患部に幾層にも折り重なって、それが盛り上がるためにケロイドのようになってしまうのです

ケロイドになったニキビ痕の部分は、毛穴が壊滅してしまっているために、毛穴がない状態で盛り上がります。患部は赤みや褐色を帯び、ケロイドになった部分には光沢がみられます。アゴを中心にできることが多いようです。

ただ、ケロイド状のニキビ痕はニキビができるすべての人の生じるのではなく、ケロイド状のニキビ痕ができやすい体質とそうでない体質とがあり、体質に左右されることが多いようです。

【ホームケアでケロイド状のニキビ痕は治せる?】

ケロイド状のニキビ痕は、ニキビ痕の中でも治すのが難しいといわれています。ですから、残念ながらホームケアでケロイド状のニキビ痕を治すのはほぼ無理です。本格的な治療を望むなら、クリニックでの治療を受ける必要があります。

ホームケアでできることとしては、ケロイド状のニキビ痕ができるのを予防することです。ケロイド状のニキビ痕は、同じ場所で何度も繰り返し重度のニキビができることで形成される可能性が高くなりますから、まずはニキビをつくらないように、そして、もしニキビができてしまったなら、ニキビを悪化させる前に治すように努めることで予防することができます。

そのためには、基本的なことですが、肌を清潔な状態に保つこと、そして、睡眠を十分に取ること、ストレスを溜めこまないことなどが欠かせません。また、食生活もビタミン豊富な野菜や果物を中心としたものにすると、ニキビの悪化を防ぐことができるでしょう。さらに、スキンケア用品は油分の少ないものを用いますが、保湿ケアはしっかりと行うようにすることが大切です。

【クリニックでのケロイド状のニキビ痕の治療方法】

クリニックでは、ケロイドの状態をみながら、それに合った治療を行っていきます。ケロイド状のニキビ痕の治療方法としては次のようなものがあります。1つの治療方法だけでなく、この中に複数の治療方法を組み合わせて治療が行われることも多いので、それぞれの治療方法にどんな効果があるのか知っておくのはオススメです。

◆ステロイド注射

ステロイド注射をケロイドの盛り上がり部分に打つことで、膨らみを平らにすることができます。赤みは軽減されますが、光沢は治りません。

◆内服薬

抗アレルギー剤のリザベンなどを処方し、赤みやかゆみなどを改善することができます。

◆外用薬

ステロイドの軟膏で炎症を抑えたり、ヒルロイドで血行を促進したりすることで赤みなどを改善します。

◆レーザー治療

レーザーをケロイド部分に照射して、少しずつケロイドの範囲を小さくしたり、赤みを取り除いたりしていきます。治療の目的合わせて複数のレーザーを使い分けます。

◆外科手術

外科手術によりケロイド部分を取り除いて、傷を縫い合わせます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る