ニキビ痕の色素沈着の原因と改善方法を徹底解説

4853608381c380badb597b6fa5648cf8_s

「顔にいつの間にかシミが増えてしまった!」という場合、それはニキビ痕なのかもしれません。実は、ニキビが治っても、その痕がシミのように色素沈着して茶色くシミのように残ってしまうというのはよくあるんです。ニキビ痕がシミのように色素沈着を起こしてしまった場合は、なかなかそのシミが消えないことがありますから、早めに適切なケアをしてあげることが大切です。

ここでは、ニキビ痕に色素沈着が起こる原因と、その改善方法について徹底解説したいと思います。ぜひ、参考にしてシミのない肌を目指してくださいね!

【ニキビ痕が色素沈着する原因】

どうしてニキビ痕が色素沈着を起こしてシミのようになってしまうのでしょうか?

この茶色の色の正体はメラニンです。メラニンといえば、紫外線を浴びた時に肌から守るために大量につくられるものですよね。そして、つくられたメラニンがきちんと肌のターンオーバー(新陳代謝)によって排出されないと、これが茶色のシミになります。

実はこのメラニン、紫外線を浴びた時にだけつくられるわけではありません。メラニンは肌を守るためにつくられるものなので、紫外線以外からの刺激によってもつくられるんです。ニキビ痕の色素沈着とメラニンとの関係は次のとおりです。

アクネ菌が増殖することにより、ニキビが悪化して炎症が起こると、今度はこのアクネ菌を殺菌して鎮めるために活性酸素がつくられるようになります。この活性酸素には、アクネ菌を攻撃するという良い働きだけでなく悪い働きもあります。アクネ菌を攻撃すると同時に、肌細胞自体も攻撃してしまうのです。ですから、肌はこの活性酸素の攻撃から守るためにメラニンを大量につくるようになります。そして、この大量につくられたメラニンが肌のターンオーバーによって排出されないと、通常のシミと同様に色素沈着して茶色く残ってしまうのです。

こうして考えると、紫外線によるシミとニキビ痕の色素沈着、メラニンを刺激する因子が異なるだけで、どちらもメカニズムは同じということが分かりますね

【家庭でできる色素沈着の解消方法】

ニキビ痕の色素沈着の原因はメラニンによるものですから、家庭では通常の美白ケアを行うことで色素沈着の改善を図ることができます

まず、色素沈着が起こってしまう原因の1つは、肌のターンオーバーがうまくできていないことですから、肌のターンオーバーを高めることによって色素沈着を改善することができます。肌のターンオーバーを高めるためには、ピーリング剤が効果的です。

市販のピーリング用の石けんやジェル、ローションなどを週に1~2回利用することで肌表面の古い角質を除去して肌のターンオーバーを高めてあげましょう。

そして、肌のターンオーバーを高めた上で美白アイテムを使用すると、色素沈着を薄くしていくことができます。今は、化粧品カウンターやドラッグストアに行くと、美白ケア用の化粧品が豊富に取り揃えてありますので、ビタミンC誘導体などの有効成分が含まれた美白ケア用の化粧品をそろえてみましょう。また、美容液にはビタミンCやプラセンタ、トラネキサム酸、アルブチンといった有効成分が高濃度に含まれていますから、スペシャルアイテムとして色素沈着が起きている部分を中心に使用するのはオススメです。

また、カラダの外側からだけでなく、内側からも美白ケアを行いましょう。美白効果があるといわれているビタミンCや抗酸化効果のあるビタミンEを含む食品を意識的に摂るようにすると、活性酸素を除去して効果的に美白ケアを行うことができますよ。

【確実を求めるならクリニックへ】

なかなかニキビ痕の色素沈着が治らないという場合や、確実に色素沈着を除去したいという場合は、クリニックに行きましょう。クリニックでは、ハイドロキノンやトレチノインといった外用薬や内服用のビタミンCの処方、また、レーザーによる色素沈着の除去による治療などが行われます。治療方法については、医師に相談しながら決めていくのがオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る