意外と気になる眉毛にできるニキビの治し方

3a2debd2f59735651caaa1373b86ed50_s

目立たないようで、できると意外と気になる眉毛にできる眉ニキビ。眉ニキビといっても、人によっては眉の上にできたり、眉毛の中にできたり、また、眉と眉の間にできたりと、できる場所はさまざまです。できる場所によっては、若干ニキビができる原因も異なってきますから、それに合わせたお手入れをして早い段階で眉ニキビを治したいものです。

ここでは、原因別に眉ニキビをホームケアで治す方法についてまとめてみました。もし、眉ニキビの状態が重症でない場合は、まずはホームケアでニキビ対策を行ってみましょう!

【メイク汚れが残っていることが原因の眉ニキビの治し方】

洗顔時にしっかりと眉メイクを落とすことができていないために眉ニキビができているという場合は、洗顔方法を改善して眉メイクをしっかりと落とすことが眉ニキビを治すためには欠かせません。

眉メイクを落とすためには、まずは眉にクレンジング剤をのせて、指の腹を使って眉の上をクルクルとマッサージするようにしてメイククレンジングを行いましょう。右から左に、左から右にと2~3往復してしっかりとクレンジング剤をなじませてください。そして、他の部位もクレンジングを行ったら、クレンジング剤を洗い流しましょう。ぬるま湯を使って洗い流すと、クレンジングを終えた時点で、メイクは8割方は落ちているはずです。

クレンジングを終えたら、洗顔石けんや洗顔フォームで再度顔を洗いますが、その際は洗顔料をしっかりと泡立ててください。洗顔料を泡立てたら、泡で包み込むようにして洗いましょう。その際には、こすらないように気をつけながら、眉の上をクレンジング時と同じようにクルクルとマッサージするようにして洗ってください。そして、ぬるま湯で丁寧に洗い流します。

このように丁寧にクレンジングと洗顔を行うだけでも、ニキビは改善されるはずです。もし、洗顔時にザーッと眉を洗ってしまうのが習慣化しているという人は、眉メイクを丁寧に落とすようにしてみてくださいね。

【眉のセルフケアが原因でできている眉ニキビの治し方】

眉を毛抜きで抜いたり、カミソリで剃ったりというセルフケアが原因で眉ニキビができているということもあります。「抜く」「剃る」という方法は、肌への負担が大きいケア方法なので、眉の形を整える場合は、眉用のハサミや眉の形を整えるための電気シェーバーを使用するのがオススメです。

【ストレスや睡眠不足が原因の眉ニキビの治し方】

ストレスや睡眠不足は、ホルモンバランスや自律神経の乱れを招き、それがニキビの原因となります。ですから、ストレスがたまりやすい、または、睡眠不足が続いているという人は、それを改善するための努力を払うことで眉ニキビを治すことができます。

具体的には、ストレスを感じたら深呼吸などを行って気分を落ち着かせたり、また、オフの日には友達とおしゃべりを楽しんだり、趣味に没頭したりと、意識してストレス解消に取り組むことができます。

睡眠不足が続いている人は、できるだけ早くベッドに入るように心がけたいものです。もし、職場の同僚との付き合いなどで仕事の後に食事に出掛けたりするのが習慣になっているという人は、週に2~3日は早めに帰宅するようにするなど意識するだけでも違うはずです。

【脂肪分や糖分の多い食事が原因の眉ニキビの治し方】

脂肪分や糖分の多い食事は、皮脂の過剰分泌を促してしまうのでニキビの原因となります。ですから、眉ニキビを治すためには、ニキビの治りを早めるビタミンが豊富に含まれた野菜や果物を中心にした食生活を送るのがオススメです。

特に、ビタミンB群が含まれている豆製品やバナナ、そして、ビタミンCが豊富なキャベツやイモ類、さらにはレモンなどの柑橘類、そしてイチゴやキウイといったものはニキビを治すためには積極的に摂ってほしい食材です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る