ニキビ痕ができると目立ってしまう!頬ニキビの治し方

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s

ニキビができやすい人に多くみられる頬ニキビ。赤いブツブツの頬ニキビは、大人になってからできることも多く、メイクでもうまく隠せないので悩みの種になってしまいます。頬ニキビの原因としては、間違ったスキンケアやメイク、ホルモンバランスの乱れ、そして、肌の乾燥が挙げられますが、できた頬ニキビがなかなか治らなくて困っているという人も多いのではないでしょうか?

ここでは、頬ニキビの効果的な治し方について解説していきたいと思います。ホームケアでの治し方と、皮膚科での治療方法についてお知らせしますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【ホームケアで頬ニキビを治す!】

頬ニキビを治すためには、頬ニキビの原因となったものを取り除くことが一番効果的です。特に、頬ニキビの状態がまだ軽い場合は、ホームケアで治すことも可能ですよ。ホームケアで頬ニキビを治すためには、以下の方法を試してみましょう。

◆正しいスキンケア方法をマスターする

洗浄力の強すぎる洗顔料で顔を洗ったり、顔をゴシゴシ洗いしたりすると頬ニキビができやすくなります。ですから、頬ニキビを早く治すためには、肌への刺激が軽いマイルドな洗顔料をしっかりと泡立てて、泡で洗うのを習慣にしましょう。そして、すすぎ残しがないように丁寧に洗い流してください。

また、洗顔後はローションや乳液などでしっかりと保湿しましょう。ただし、スキンケア用品は油分の多いものだとニキビを悪化させてしまいますから、油分が少ないものを選ぶようにしてください。

◆ビタミンを豊富に含んだ食生活

脂肪分や糖分の多い食事は、頬ニキビの原因となりますから、ニキビを早く治すためには脂肪分や糖分の多い食事を控えて、代わりにビタミンが多く含まれた野菜や果物を多く摂るようにするのがオススメです。

◆頬ニキビができている場合は、メイクは軽めに!

頬ニキビを早く治すためには、肌への負担の大きいメイクはできればしない方がオススメです。しかし、仕事などのためにノーメイクで過ごすのは難しいということもありますよね。その場合は、頬ニキビの部分はパウダーを軽くのせる程度にしてみてください。リキッドファンデーションやコンシーラーでニキビを隠したくなるかもしれませんが、ハードなメイクでニキビを隠してしまうとニキビが悪化してしまうリスクが高いので、ニキビが治るまではメイクは控えめにするのがオススメです。

【頬ニキビの皮膚科での治療】

頬ニキビをできるだけ早く治したいという場合や、頬ニキビが悪化している場合は、皮膚科での治療を受けるのがオススメです。皮膚科でのニキビ治療にはいろんな方法がありますが、代表的な治療法をいくつかご紹介しますね!

◆レーザー治療

頬ニキビに、レーザーを照射してニキビを除去していく治療方法です。高熱による処理になるので、アクネ菌も滅菌することができます。レーザー照射後の肌をケアするために、外用薬を併用して治療を行っていくこともあります。

◆外用薬や内服薬による治療

外用薬を用いた治療は、ニキビ治療のために広く行われています。肌のターンオーバーを促す外用薬や、ニキビの炎症を抑えるために抗菌効果の高い外用薬が処方されます。内服薬は、漢方薬や抗生物質を処方してニキビの炎症を抑えるために必要に応じて処方されます。

◆ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、肌表面に溜まった古い角質をピーリング剤を塗って取り除くもので、毛穴詰まりを解消したり、肌のターンオーバーを高めたりすることから、ニキビの治癒を早める効果があります。

 

ニキビの治療方法は、このようにいくつかの選択肢がありますが、ニキビの重症度や医師の判断、また患者の希望によって治療方法は選択されます。治療方法によっては、健康保険が適用されるものとそうでないものとがありますから、その点もあらかじめ医師に確認しておくといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る