髪の生え際にできるニキビの治し方

952da6d1331b724975626578df93f914_s

普段は目立たないものの、できるとしつこく治らないために気になる髪の生え際にできるニキビ。ついつい「触ってしまっているうちに潰してしまった・・・!」という経験を持つ人も少なくないのではないでしょうか?

髪の生え際にできるニキビは、シャンプーやリンス、コンディショナー、トリートメントなどの洗髪時に使用するヘアケア剤や、お出かけ前のセット時に使用するジェルやワックス、ムース、ヘアスプレーなどの整髪剤によることが多いので、どのようにしてケアしたらいいのか分からないという人もいるでしょう。

そんな人のために、ここでは、髪の生え際にできるニキビの治し方について、解説していきたいと思います!

【まずは、洗髪時のヘアケア方法を見直して!】

髪の生え際にニキビができる原因に、市販のシャンプーに含まれている石油系の界面活性剤が毛穴を塞ぐという点があります。界面活性剤は、洗浄力がとても強いのですが、油分が含まれているために毛穴を塞ぐので、できればシャンプーは界面活性剤が使用されていないアミノ酸系のシャンプーを使うのがオススメです。

ただし、アミノ酸系のシャンプーは、安価な界面活性剤を使用したシャンプーと比べてかなり高額なので、経済的に厳しいという人は、シャンプーを念入りに洗い流すなどして対策を取りましょう。

さらに、シャンプーの後に使用するリンスやコンディショナー、トリートメントには油分が多く含まれています。髪の毛をしっとりとさせたり、サラサラにするためには欠かせないアイテムではありますが、毛穴詰まりの原因にはなります。ですから、リンスやコンディショナー、トリートメントを使用する場合は、できるだけ毛の根元には付けないようにするのがオススメです。そうすることで、髪の生え際にできたニキビの悪化を防ぎ、新しいニキビができるのを予防することができます。

【整髪剤は地肌につけない、しっかりと落とすが鉄則】

ジェルやワックス、ムースやスプレーなどの整髪剤も髪の生え際にニキビができる原因になりますし、また、ニキビを悪化させてしまう原因にもなります。できれば使用しないのがニキビを治すためにはいいのですが、なかなか髪がまとまらないという場合や、パーマのウェーブラインをしっかりと出したいという場合にはそういうわけにもいきませんよね。

ですから、ニキビを悪化させないためには、使用時に整髪剤を地肌に極力付けないように気をつけましょう。整髪剤が地肌に付かなければ、それだけニキビが悪化するリスクは減りますし、新たなニキビができるのを予防することもできますよ。

また、整髪剤は落ちにくいので、シャンプーをした後も残っているということが少なくありません。整髪剤がきちんと落ちていないと、アクネ菌の増殖の原因になりますから、整髪剤は意識してしっかりと落とすようにしましょう。そのためには、シャンプーをする前にお湯でしっかりと洗い流すのがオススメです。整髪剤は、お湯で流すだけでもある程度落ちるので、まずはお湯で洗い流して、その後シャンプーをするようにしましょう。シャンプーの後は、泡がなくなるまで丁寧にすすぎましょう。

【野菜たっぷりの食事と十分な睡眠でニキビをブロックアウト!】

髪の生え際にできるニキビは、ヘアケア用品が原因でできることが多いものの、食事や睡眠の質が悪いとできやすくなってしまうので、食事と睡眠に気を配ることでニキビの悪化を防ぎましょう。

油分の多い食事はニキビを悪化させるので、ビタミンの豊富な野菜をたっぷりと含んだ食事を中心にするのがオススメです。また、睡眠不足はニキビの原因になりますし、ニキビを悪化させてしまいますから、睡眠をたっぷりと取ることで髪の生え際にできるニキビを改善することができます。

 

継続は力なりです。毎日の1つ1つのケアの積み重ねが、髪の生え際にできるニキビの早期治癒につながりますから、ここに挙げた方法を根気よく続けていってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る