気になる腕ニキビの治し方

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

ニキビは顔にできるものと思っていたのに、「腕にもニキビができてしまった!」ということはありませんか?

ニキビは顔にできることが多いものも、皮脂腺があるところであれば、実はどこにでも発症します。特に、背中やデコルテの部分はニキビができやすい部位です。しかし、それ以外でもおしりや二の腕にできることがあります。

腕ニキビは、袖のあるトップスを着てしまえば目立ちませんが、夏の時期には気になりますし、また、腕ニキビが悪化して痛みが出てくるようになると大変です。

ここでは、気になる腕ニキビの治し方についてお話したいと思います。

【腕ニキビは、まずは清潔にすることで対処して!】

汗や皮脂で毛穴が塞がってしまうと、ニキビの原因となりますから、まずは清潔にすることで腕ニキビは対処しましょう。特に、二の腕の裏側はキレイに皮脂や汚れが落とせていないことも多いので、入浴時に丁寧に洗うようにしてください。

しかし、汚れを落とそうと思うばかり、ゴシゴシと肌をこすってしまうと逆効果ですので注意しましょう。腕を洗う時には、マイルドなタイプの石けんやボディソープをしっかりと泡立てて、泡で皮脂や汚れを落とすようにして洗うのがニキビを治すためには効果的です。

さらに、夏の汗をかきやすい時期やスポーツをしたりして汗をかいた後は、すぐにシャワーなどで汗を流すようにすると、腕ニキビの悪化を抑えて新しいニキビができるのを予防することができます。

腕ニキビは、まずは肌を清潔に保つことで治癒を早めることができます。石けんやボディソープで腕を洗った後は、すすぎ残しがないようにしてください。すすぎ残しが残っていると、それがアクネ菌の繁殖の原因となってしまい、ニキビが悪化してしまいますので、泡を残さないようにしっかりとすすぎましょう。

【しっかりと保湿をすれば、腕ニキビは改善する!】

腕ニキビの原因の1つに肌の乾燥があります。「ニキビは乾燥した肌にはできにくい」と思っている人は少なくないようですが、乾燥もニキビの原因となります。というのは、肌が乾燥すると、乾燥から肌を守るために皮脂の分泌が盛んになるからです。皮脂の分泌が盛んになると、毛穴詰まりも起きやすくなりますからニキビができやすくなります。

ですから、入浴後は肌を乾燥させないようにしっかりと保湿を行うことがニキビケアには欠かせません。ただ、保湿のために油分が多く含まれているクリームなどを使ってしまうと、ニキビの原因になることがありますから、油分の多くないボディローションやボディミルクなどで保湿ケアを行うのがオススメです。

【食事や生活習慣を見直して腕ニキビを治そう!】

スキンケアに加えて気を付けたいのが、食習慣や生活習慣です。いくらスキンケアを頑張っても、食習慣や生活習慣が乱れていると腕ニキビは治りにくくなってしまいます。

次に挙げるような食習慣や生活習慣は腕ニキビを作りやすいので、もし当てはまる点があれば改善しましょう。

<食習慣>

◆揚げ物やインスタンス食品を好んで食べている

◆野菜やフルーツはほとんど食べない

◆食事は外で済ませることが多い

◆和食よりもバターなどをたっぷりと使った洋食の方が好き

<生活習慣>

◆つい、夜更かしをしてしまう

◆睡眠不足が続いている

◆ストレスを溜め込みがちだ

いかがですか?当てはまる点がありますか?腕ニキビを改善するためには、油分や脂肪分をたっぷりと含んだ食事を控えて、ビタミンを多く含んだ野菜中心の食事をすることが大切です。また、十分な睡眠も欠かせません。

ストレスもニキビを悪化させてしまうので、ストレスを溜めやすい人はストレスを上手に解消する方法を学ぶようにしましょう。

 

このような方法を試してみて、それでも腕ニキビが改善しない場合は、皮膚科に通うのがオススメです。皮膚科では、外用薬や内服薬、また、レーザーなどを使った治療を受けることができるので、ニキビを早く治すことができるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る