しつこくできるおしりニキビの治し方

dd9a397b31c66d982e0ceea0a7fa1f0c_s

人には言えないけど、「実はおしりにニキビが・・・!」という人は意外と少なくないと思います。普段は隠れている部分ですので、おしりニキビが人に見られることはほとんどありませんが、温泉に行ったり、露出の多い水着を着用したりした時に見えてしまうということはありますよね。ですから、もしもの時のためにおしりニキビもきちんとケアしておきたいものです。

また、悪化したおしりニキビは痛いので、座ったりする時にその都度痛みを感じてしまいます。ですから、できたおしりニキビは悪化する前に治す方がいいのです。

ここでは、しつこくできるおしりニキビの治し方について解説していきたいと思います。参考にして、毎日のおしりケアに役立ててくださいね!

【人に見せるのは恥ずかしい!そんなときには自宅でホームケアを!】

おしりニキビができたけど、病院に行ってお医者さんに診てもらうのは恥ずかしいという場合、まずは自宅でのホームケアをやってみましょう。自宅でのホームケアは、ニキビが悪化する前に治るようにケアをしていきます。

以下の方法を試してみてください。

◆おしりを清潔に保とう!

おしりニキビができたら、まずはおしりを清潔に保ちましょう。毎日、入浴するのはもちろんのことですが、汗をかいたらすぐにシャワーやお風呂で汗を流すようにするのはオススメです。

おしりを洗う際には、ナイロン製のボディタオルでゴシゴシと洗うのではなく、やわらかい素材のボディタオルを使ってやさしく洗うようにしましょう。また、ボディソープなどは刺激の強くないマイルドなものを使用するのがオススメです。洗浄力の強いものだと、肌に負担を与えてしまうので、逆におしりニキビを悪化させる原因になることもあります。

気を付けたい点としては、カラダを石けんやボディソープで洗った後は、おしりにすすぎ残しがないようにしっかりと洗い流すということです。石けんやボディソープがきちんと流せていないと、おしりニキビの原因になってしまいますから注意しましょう。

◆きちんと保湿しよう!

おしりを洗った後は、肌が乾燥しないようにしっかりと保湿しましょう。腕や脚は保湿ケアをしっかりとやっても、おしりはあまりやらないという人もいますが、きちんと保湿することは大切です。おしりを保湿してあげることで、肌のバリア機能が高まりますから、その分、ニキビもできにくくなります。

また、おしりにボディローションなどを塗る時には、軽くマッサージするようにして塗ると、肌のターンオーバー(新陳代謝)も高まりますから、ニキビを予防すると共にできたニキビを早く治す効果が期待できます。ですから、入浴後はボディローションなどで保湿をしつつ軽くマッサージするのを習慣にしましょう。

◆下着の素材にも気を付けよう!

おしりニキビの原因に、おしりのムレがあります。ナイロンなどの化学繊維の素材でできた下着や、補正用のガードルなどはムレの原因になることが多いので、おしりニキビができやすい人はコットン100%の素材にこだわって下着を選ぶのがオススメです。

特に、肌がデリケートな人はコットン素材の下着の方が、おしりニキビなどの肌トラブルの防止になりますよ。

【皮膚科でのおしりニキビの治療方法】

おしりニキビが赤く炎症を起こして痛かったり、化膿がみられたりする場合は、皮膚科を受診しましょう。

皮膚科では、おしりニキビの症状に合わせて治療が行われます。炎症を抑えるための外用薬の処方や、ニキビ内に溜まった皮脂や膿を専用の器具で押し出すことでニキビの治癒を早めることもあります。また、抗生剤やビタミンなどの内服薬が処方されることも少なくありませんし、レーザーを使った治療もあります。

いろんな治療方法がありますので、医師と相談しながら治療方法を選んだらいいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る