大人ニキビができる原因

otona-nikibi-genin-1

『青春のシンボル』とも呼ばれているニキビですが、20代を超えてできる大人ニキビとなると、悩みの種でしかありません。

「きちんとお手入れしているのにニキビが一向に良くならない」とか、「治ったと思ったら、新しいニキビが再発して困る」という人も少なくないのではないでしょうか?

一度できてしまうと、なかなか改善が見られないしつこい大人ニキビ。ここでは、大人ニキビに「どうやって対処したらいいんだろう」と、手を焼いている人のために、大人ニキビができる原因についてお知らせしたいと思います。自分の大人ニキビの原因を見極めて、それに沿った対処を行っていくことが、大人ニキビの解消には効果的ですよ。ぜひ、参考にしてくださいね。

大人ニキビの特徴

思春期にできるニキビと比べて、大人ニキビには次のような特徴があります。

  • 口周りやアゴの周辺にできることが多い
  • ニキビが再発しやすい
  • 乾燥肌なのに、ニキビができてしまう
  • 春夏秋冬、季節を問わず年間を通してできる

思春期にできるニキビは、おでこや鼻など皮脂の分泌が盛んなTゾーンにできやすいのに対して、大人ニキビは口周りやアゴなどのUゾーンと呼ばれている部分にできる傾向があります。

また、オイリー肌の人ができやすい思春期ニキビに対して、大人ニキビは肌質に関係なくできるという特徴もあります。

さらに、大人ニキビは、ニキビが再発しやすく、季節を問わずにできるという特徴もあります。

思春期のニキビと比べて大人ニキビの方がしつこい

思春期にできるニキビは、ホルモンの影響で皮脂の分泌がさかんになることが原因です。

そのため、正しい洗顔方法をマスターして、肌を清潔にすることで、ある程度ニキビを改善することができます。

しかし、大人ニキビの場合は、皮脂の分泌以外のいろいろな原因が関係していますから、単純に正しいスキンケアを行うというだけでは改善されないことも少なくありません。

市販のニキビ治療薬を使用しても簡単に治らないことが多いので、思春期ニキビよりも大人ニキビの方がしつこく、厄介です。

大人ニキビができる原因

皮脂の過剰分泌だけでなく、いろいろな原因が重なってできてしまう大人ニキビですが、主な原因には次のようなものがあります。

まず、1つの原因としては、思春期ニキビと同じく、皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まってしまうことがあります。

思春期ニキビの場合は、身体の成長に伴う男性ホルモンの影響が皮脂の分泌の促進に関係していましたが、大人になると、ホルモンバランスは整い、皮脂が過剰に分泌することはほぼなくなります。

しかし、ストレスなどによってホルモンバランスが崩れると、皮脂が過剰に分泌されてしまい、結果としてニキビができる原因になってしまうのです。

他の原因としては、肌のターンオーバー(新陳代謝)が低下してしまうことが挙げられます。肌のターンオーバーが低下してしまうと、古い角質が肌の表面に溜まってしまうので、毛穴を角質で塞いでしまいます。

そのため、皮脂が毛穴に詰まってしまい、それがニキビとなってしまうのです。

肌のターンオーバーは、睡眠不足や食生活の乱れ、加齢によって低下します。また、乾燥肌の人も肌のターンオーバーが乱れがちです。ですから、不規則な生活を送っている人や、食生活が偏っている人、乾燥肌の人などは大人ニキビができやすくなります。

さらには、誤ったスキンケアも大人ニキビの原因になります。特に、メイクがしっかりと落とせていないと、メイクの汚れが毛穴に溜まってしまい、それがニキビの原因となってしまいます。

また、洗顔はきちんとできていても、油分の多いスキンケア用品を使用していると、その油分によって毛穴が詰まってしまい、それがニキビの原因になることもあります。

他にも、タバコやカラダの冷えなど、いろんなものが大人ニキビの原因となります。もし、思い当たる点があれば、その原因となるものを取り除いて、大人ニキビを改善しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る